一休.comバケーションレンタル、京都・亀岡市の古民家を活用した一棟貸切施設『「離れ」にのうみ』運用開始

高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「一休」を運営する株式会社一休は10月26日、上質な貸別荘やコンドミニアム、古民家、町家などの宿泊施設に特化した宿泊予約サイト「一休.comバケーションレンタル」において、古民家を活用したバケーションレンタル施設『「離れ」にのうみ』の運用と宿泊予約の先行受付を開始した。

京都府亀岡市では、かねて市内在住の東洋文化研究家であり、京都・かめおか観光PR大使のアレックス・カー氏が携わる地域活性化の支援会社「篪庵(ちいおり)有限会社」と連携・協力を締結し、市内の古民家の活用方法を模索してきた。『「離れ」にのうみ』は、そのちいおり社が企画・監修した第1号のバケーションレンタル施設だ。

「離れ」にのうみ

観光客向けの宿泊施設として、また移住希望者向けの「お試し住宅」として、旧亀山城下町の一角にある歴史ある古民家を改修して運営される同施設には、一棟貸切の施設が三棟あり、亀岡で採れた京野菜を楽しめる和食、イタリアンのケータリングが用意される。室内には、日本の古美術品に精通するアレックス・カー氏のコレクションの一部が展示され、温もりと落ち着きを感じられる空間に仕上がっている。

また、京都から電車で約20分に位置し、亀岡市の観光名所である嵯峨野トロッコ列車・保津川下りの体験にもアクセスしやすく、かつ市内中心部と比べ、まだ観光客も少なく穴場感があり、広々とした田園風景と古い町並みと相まって、日頃の喧騒を忘れてゆったりとした時間を過ごすことができる。

「離れ」にのうみ室内 「離れ」にのうみ室内2 「離れ」にのうみ廊下

なお、『「離れ」にのうみ』は11月8日まで、OTA(オンライン旅行予約サイト)では一休.comバケーションレンタルのみの先行販売となる。「一休.comバケーションレンタル」のコンセプトの一つである「暮らすように泊まる」を体感できる同施設に早速宿泊し、秋の京都を堪能しに行ってみてはいかがだろうか。

【宿泊予約ページ】「離れ」にのうみ
【関連ページ】一休.com バケーションレンタル

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect