ハイアス、民泊向け戸建型宿泊施設供給について建設業者の一般募集を開始

WILL STYLE(unicube)イメージ 1

WILL STYLE(unicube)イメージ 1

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(以下、ハイアス)は、民泊向け戸建型宿泊施設供給について建設業者の一般募集を3月より開始する。

ハイアスと楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社は、昨年12月の業務提携に基づき、ハイアスが運営する高性能デザイナーズ住宅「WILL STYLE」と楽天LIFULL STAYが提供する一戸建てタイプの宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE」のコラボレーションによる戸建型宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」を共同で開発した。

その後、2018年1月にハイアスの既存パートナー企業向けに販売を開始し、1か月で30社弱の加盟があったという。

WILL STYLE(unicube)イメージ 2

WILL STYLE(unicube)イメージ 2

同ブランドは、安成工務店と業務提携して事業展開をしてきた「WILL STYLE」の主力商品である「ユニキューブ」のデザイン・性能をベースとしており、断熱性能・防音性能に優れ、低価格で建設できる特徴がある。

ハイアスは、3月より同宿泊施設を供給する全国(一部地域を除く)の建設業者に向けた販売開始を決定し、1年で50社程度を目標とする見通しだ。

【関連ページ】楽天LIFULL STAYと戸建賃貸ネットワーク大手のハイアス、業務提携。民泊向け戸建型宿泊施設供給へ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も