ハイアス、民泊向け戸建型宿泊施設供給について建設業者の一般募集を開始

WILL STYLE(unicube)イメージ 1

WILL STYLE(unicube)イメージ 1

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(以下、ハイアス)は、民泊向け戸建型宿泊施設供給について建設業者の一般募集を3月より開始する。

ハイアスと楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社は、昨年12月の業務提携に基づき、ハイアスが運営する高性能デザイナーズ住宅「WILL STYLE」と楽天LIFULL STAYが提供する一戸建てタイプの宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE」のコラボレーションによる戸建型宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」を共同で開発した。

その後、2018年1月にハイアスの既存パートナー企業向けに販売を開始し、1か月で30社弱の加盟があったという。

WILL STYLE(unicube)イメージ 2

WILL STYLE(unicube)イメージ 2

同ブランドは、安成工務店と業務提携して事業展開をしてきた「WILL STYLE」の主力商品である「ユニキューブ」のデザイン・性能をベースとしており、断熱性能・防音性能に優れ、低価格で建設できる特徴がある。

ハイアスは、3月より同宿泊施設を供給する全国(一部地域を除く)の建設業者に向けた販売開始を決定し、1年で50社程度を目標とする見通しだ。

【関連ページ】楽天LIFULL STAYと戸建賃貸ネットワーク大手のハイアス、業務提携。民泊向け戸建型宿泊施設供給へ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect