百戦錬磨、JA全農と農泊分野で提携

日本の地方のユニークな体験型宿泊施設に特化した宿泊予約サイト「STAY JAPAN(ステイジャパン)」を運営する株式会社百戦錬磨(以下、百戦錬磨)は9月4日、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)と戦略的事業パートナーとして農泊事業等を推進することに合意し、8月1日に包括業務提携契約を締結したことを公表した。

提携により、両社は、JAグループによる「農泊」の開業・運営支援、「農業体験・イベント」の企画・運営支援、「農泊関連サイト」の開発・運営、空き家管理サービス事業などで協業する。なお、「農泊」とは、農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しみ、農家民宿、古民家を活用した宿泊施設など、多様な宿泊手段により旅行者にその土地の魅力を味わってもらう農山漁村滞在型旅行を指す。

百戦錬磨とJA全農

百戦錬磨は、民泊・農泊のパイオニアとして、創業当時より、農泊の地域活性化に寄与する可能性に着眼し、「地方での新たな観光需要創造」を企業ミッションとして、民泊・農泊予約サイト「STAY JAPAN」の開発・運営、日本全国の受け入れ地域や宿泊施設の開拓・サポート事業を手掛けてきた。同社は9月3日にも「STAY JAPAN」を、農泊、漁師民泊、寺泊、陶芸家泊、古民家泊など、日本ならではのユニークな体験型宿泊施設に特化した宿泊予約サイトへとリニューアルしたことを公表している。また、2020年夏には、日本初となる「城泊」の開業も予定している

一方のJA全農は、2019年度からの3か年計画における重点施策として、地域のライフラインをささえる事業を強化することを表明している。今回の提携にあたり、インバウンド需要の取り込みや農泊事業などを通じて、地方に人と需要を呼び込み、元気な地域社会づくりを支援するとしている。

【コーポレートサイト】株式会社百戦錬磨
【関連サイト】農泊を中心とした都市と農山漁村の共生・対流:農林水産省
【関連サイト】「農泊」の商標について:農林水産省
【関連ページ】農泊(農山漁村滞在型旅行)とは・意味

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb