ドイツ発のバケーションレンタルサイト横断検索HomeToGo、新たに21億円を調達

複数のバケーションレンタルサイトを一括で横断検索できるメタサーチのHomeToGoは4月15日、新たにシリーズBラウンドで2000万米ドル(約21億円)の資金調達を行ったと公表した。主な資金引受先は米国ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタルのInsight Venture Partnersなど。調達資金を活用してグローバル展開とサービス開発を加速させる。

HomeToGoは2014年1月に設立されたドイツのベルリン発のスタートアップ企業で、サービス開始後の2年間で急速にサービスを拡大し、Tripping.comと並んでバケーションレンタル業界のメタサーチとして世界最大級のサービスに成長した。

HomeAway、Flipkey、Housetrip,VRBO、Booking.comなどの大手バケーションレンタルサイトをはじめ、世界200ヶ国、250以上のパートナーのサイトに掲載されている600万件以上の物件を横断検索できるようになっており、即時予約可能な物件数も380万件に達している。現在、ドイツ、フランス、ポーランド、イタリア、スペイン、オーストリア、オランダ、スイス、イギリスの欧州9カ国に加えて米国でもサービスを展開しており、今後、さらにグローバル展開を拡大予定だ。

【参照リリース】HomeToGo, vacation-rental search engine, raises $20 mln Series B funding
【企業サイト】HomeToGo

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も