ホームアウェイ、ミラノバと事業提携。新法民泊の申請を行政書士が特別価格でサポート

homeaway-miranova

エクスペディアグループで、世界最大級のバケーションレンタル会社「ホームアウェイ」は3月19日、民泊許可・届出手続きのクラウドサービス「MIRANOVA」(以下、ミラノバ)を展開する株式会社ジーテックと業務提携したことを公表した

ミラノバは、全国150人を超える行政書士ネットワークと連携し、民泊開始のために必要となる「届出書の作成」「必要書類の収集」「役所への手続き」の代行、サポートをクラウド上で行うサービスだ。今回の提携により、猥雑な手続きによるホストの負担を軽減し、民泊物件登録へのサポートを強化すると同時に、ホームアウェイ物件ホストを対象に特別価格でのサービス提供を行う。

特別価格が適用されるコースは4種類だ。添付書類の収集はミラノバのサポートのもとホストが行い、最後の届出はミラノバ所属の行政書士が代行する「MIRANOVAスタンダード」は通常価格50,000円が特別価格30,000円、フォームの一部入力や添付書類の収集など届出手続き全般をミラノバが代行およびサポートする「MIRANOVAプレミアム」は通常価格100,000円が特別価格80,000円、そして必要な書類の収集から申請書作成に必要なフォームの一部入力までをミラノバ所属の行政書士が代行する「特区民泊・書類収集おまかせコース」は通常価格200,000円が特別価格150,000円、「旅館業・書類収集おまかせコース」は通常価格250,000円が特別価格200,000円で提供される。なお価格はすべて税別だ。

なお、ミラノバは3月15日より「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨と提携し、STAY JAPANホスト向けにも民泊開業サポートサービスを提供している

今後開業を予定している民泊ホストは「民泊事業の申請代行サービス」と「民泊プラットフォーム」によるトータルサポートを受けることで、手間を最小限におさえつつ安心して手続きを進めることができるだろう。

【公式ページ】【ホスト様特別オファーあり】民泊新法の申請は、簡単・リーズナブルな代行サービス「ミラノバ」がおすすめ!
【関連ページ】HomeAway(ホームアウェイ) エクスペディアグループ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect