ホームアウェイ、ハリウッドスターら元所有の豪華物件2軒を紹介

エクスペディアグループの世界最大級のバケーションレンタルサイト「ホームアウェイ」は11月8日、ハリウッドスターらが所有していたプレミアム民泊物件2軒を紹介した。

まずは歌手のマドンナとイギリスの映画監督であるガイ・リッチーが住んでいたロンドンのケンジントンにある古風でおもむきのあるマンションだ。映画「Layer cake」の撮影現場でもある同物件は、英国風の大きな本棚やフランスドア、ライムストーンが敷き詰められたシャワーなど、映画のワンセットさながらの美しい内装だ。物件の近くにはショッピングを楽しめるケンジントン・ハイ・ストリートや、ロンドンを代表する多くの美術館があり、自宅の近所を散歩する感覚でゆったり観光を楽しむことができる。また、ロンドンの中心地までは近くの地下鉄駅から15分という立地の良さも魅力だ。

HomeAwayニュースレター

11月2日時点で、1泊あたり962米ドル。バスルーム、ベッドルームはそれぞれ2つあり、6人まで宿泊できる。

次は、俳優のジャック・ニコルソンがかつて所有していた、高級リゾート地・ボラボラ島にある水上バンガローを有する物件だ。海岸に5つのバンガローしかない閑静な島の北部に位置し、リビングからはターコイズ色のラグーンを全角度見わたすことができる。パノラマビューが楽しめる抜群のロケーションで、バーベキューやカヤックなどを楽しみたいカップルにおすすめだ。

HomeAwayニュースレター

11月2日時点で、1泊あたり437米ドル。2人まで宿泊できる。

彼らのファンはもちろん、海外旅行を計画中の方は、ぜひ彼らが所有していたラグジュアリーな物件での宿泊を検討してはいかがだろうか。

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect