APAMAN関連会社グランドゥース、エアトリステイと提携。西日本エリアで民泊ワンストップ支援サービス提供へ

APAMAN株式会社の関連会社である株式会社グランドゥース(以下、グランドゥース)は6月14日、旅行事業などを手がける株式会社エボラブルアジアの子会社で、Airbnbの公式パートナーであるエアトリステイ社と業務提携し、Airbnb向けワンストップサービスで連携することを公表した。

グランドゥースはこれまで西日本を中心に200室を超える民泊施設を運営しており、2018年9月末には300室を達成する見込みで事業規模を拡大している。同社は本提携により、西日本エリアでの運営規模のより一層の拡大を進めるとともに、さらに高品質のサービス提供に努めるとしている。

一方のエアトリステイは民泊仲介サイト世界最大手のAirbnbと提携し、民泊運用に必要となる法律上の手続きやリノベーション、物件のインテリアや家具のセットアップ、ゲストの集客・対応、清掃など一連の作業をすべてワンストップで代行するサービスを提供している。

エアトリステイは同日、Airbnbが発表した産業横断型のパートナーシップ「Airbnb Partners」にも参画し、ワンストップサービスをより幅広い地域で展開するため、各地域の有力企業とサービスのフランチャイズ契約を進めることを公表していた。これにより、広島県に本拠を置く家具通販大手のモダンデコともフランチャイズ契約を締結している。

今後、エアトリステイと各企業との提携が進むことで、民泊運営の課題を抱える地方事業者の大きな手助けとなることが期待される。

【関連ページ】Airbnb、日本企業36社とパートナーシップを締結。民泊新法施行に合わせて新戦略を公表
【関連ページ】家具通販大手のモダンデコ、エアトリステイと提携。中四国エリアで民泊ワンストップ支援サービス提供へ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)