APAMAN関連会社のグランドゥース、初のホテルタイプ宿泊施設「Grandouce関西空港」4月初旬にも開業

Grandouce関西空港

APAMAN株式会社の関連会社で民泊運営サービスを提供する株式会社グランドゥースは1月24日、同社初となるホテルタイプの宿泊施設「Grandouce関西空港」を4月初旬にもオープンすることを公表した。

「Grandouce関西空港」は、インバウンド観光客の利用が増加し、世界の玄関口とも言われる関西国際空港の対岸にあるりんくうエリアに開業予定だ。同施設は関西国際空港へのアクセスは車で13分、観光地として人気のアウトレットまでは徒歩8分という好立地で、その利便性の高さから観光客の宿泊ニーズが高まることが見込まれる。

グランドゥース社は、合法民泊を運営するにあたっての施設整備や内装等のトータルプロデュース、許可申請、運営まで、民泊運営に必要なサービスをワンストップで提供している。同社はこれまでに民泊運営で培ってきたサービスクオリティをホテル運営でも生かし、ゲストの快適な旅を支援する。

施設概要

施設名 Grandouce関西空港
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来南6-3
アクセス 南海本線「羽倉崎駅」徒歩約14分
関西国際空港 車約13分
延床面積 約2,229㎡
客室数 66室

【コーポレートサイト】株式会社グランドゥース
【関連ページ】大阪府大阪市の民泊・旅館業簡易宿所・特区民泊に関する条例・法規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部)