福岡市「小規模宿泊施設(民泊)スタートアップガイド」公開

福岡市は3月26日、「小規模宿泊施設(民泊)スタートアップガイド」を公開した。同冊子では、ゲストハウスや民泊などの小規模宿泊施設への理解促進に向けて制度の概要や必要な手続きなどがまとまっている。今後は福岡市情報プラザや各区役所などで配布予定だという。

福岡市は住宅宿泊事業法(民泊新法)18条関連の条例の区域・期間制限を設けておらず、福岡県への届出を行えば、その後は事業開始前までに標識を設置し、運営することが可能だ。なお、届出を行った住宅ごとに毎年偶数月に定期報告が必要だ。福岡市で民泊ホストとして事業を行う予定がある方や民泊関連事業者はもちろん、その他、民泊に興味がある方は参考にしてみてはいかがだろうか。

【参照ページ】「小規模宿泊施設(民泊)スタートアップガイド」を作成しました

(MINAPKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も