Airbnb、福岡で「体験」サービス開始。商店街活性化のモデルケース作りへ

世界最大手の民泊サイトAirbnbは3月19日、関東エリア、関西エリア以外では初となる福岡での「体験」サービスを開始することを公表した。

体験サービスは2016年秋に登場したサービスだ。Airbnbはそれまでベースとしてきたホームシェアリングに「体験」を加えることで、包括的な旅のプラットフォームとして独自の進化を遂げてきた。2017年には世界60都市で何千もの「体験」が提供され、初年度と比較すると2500%増の予約件数を記録した。

日本においては関東エリアの東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県と、関西エリアの大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県で体験サービスを提供している。Airbnbは2018年の挑戦として「体験」の規模拡大と質の向上を目指しており、今回新たな取り組みとして九州エリアの中核である福岡に白羽の矢を立てた。まず、福岡市経済観光文化局や福岡地域戦略推進協議会(FDC)との商店街活性化の取り組みの一環として、箱崎での体験「博多人形絵付体験」「アウトドアクッキング」「箱崎の飲み歩きツアー」を掲載している。

今後、福岡で体験サービスを拡大することにより、食、アート、自然、スポーツ、エンターテイメント、社会貢献などさまざまな分野で各々のスキルを共有し、福岡ならではの観光の担い手が増えることが期待される。また今回の取り組みは、地域の生活を垣間見ることができる商店街を「体験」として世界に発信し、旅と日常をつなぐことを通じた商店街活性化のモデルケースとしての役割も担う。

福岡は福岡空港、博多港など入国ルートが多く、特にクルーズ船による中国からの団体ツアーのほか、韓国、台湾、タイなどから多くの観光客が訪れる。さらに2019年春には西日本鉄道初の新型観光列車の運行開始を控えており、九州エリアの観光の要として注目が集まっている。

Airbnb Japan株式会社代表取締役の田邉泰之氏は「福岡へのAirbnbゲストは昨年と比べ、74%伸びており、アジアにも近い国際ハブの都市として、さらなる観光客の増加が見込まれます。九州を牽引する経済に加え、豊かな自然や食文化として魅力溢れる福岡にも、『体験』サービスを拡大することで、地元の人が主役になるさらに豊かな旅のお手伝いができることを大変嬉しく思います。」と述べている。

Airbnbの体験サービス提供エリアが広がったことで、ゲストは自らのニーズに合った旅行プランをカスタムし、より個性ある旅を楽しめるようになるだろう。

【関連ページ】Airbnb(エアービーアンドビー)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

faminect