エボラブルアジア「民泊」運営企業へ国内航空券・JR・高速バス等のサービス開始

訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(以下:エボラブルアジア)は4月20日、4月19日に行われた取締役会において、民泊運営企業への新規サービス開始について決議したと公表した。

エボラブルアジアは、国内航空券を主軸に旅行商材の比較サイト運営、旅行コンテンツのOEM提供(original equipment manufacturer:納入先(委託者)商標による受託製造)、旅行商材の卸売、法人向け出張サービスの提供、訪日旅行事業等を行う、国内航空券販売最大手の日系OTA会社(Online Travel Agent:インターネット上だけで取引を行う旅行会社)だ。

4月1日の「民泊」における規制緩和に伴い、民泊運営企業に対して、新規サービス提供の第一弾として、商材(国内航空券・JR・高速バス)をOEMで提供を行うサービスを開始するという。日本国内のエンジニアの人材難や人件費高騰にも積極的にアプローチしていく狙いだ。

提供先のブランドイメージに合わせたWEBサイトのデザインや商材のカスタマイズ等のノウハウと、ニーズの高い英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の4言語の他、タイ語・インドネシア語・ベトナム語の3言語対応という充実した言語対応を強みに、民泊運営企業のニーズを満たす積極的な事業展開を目指す。

3月31日に上場したエボラブルアジアだが、民泊運営企業に対する新サービス開始の公表を受け、ストップ高まで買われ、投資家からも新サービスへの期待が高まっている。

【参照リリース】訪日旅行事業にて、「民泊」運営企業へ新規サービス開始 ~第一弾として、OEMコンテンツ(国内航空券・JR・高速バス)提供開始~

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も