エボラブルアジア、KEY STATIONと資本業務提携。Airbnb向けワンストップサービス強化へ

オンライン旅行事業や訪日旅行事業等を手掛ける株式会社エボラブルアジアは7月5日、24時間無人の鍵受け渡しシステムを展開する株式会社KEY STATIONと資本業務提携したことを公表した。

エボラブルアジア社は今回の投資により、KEY STATION社の今後の成長によるリターンを見込む。一方、KEY STATION社は今回の増資により、積極的に全国へ同社システムの設置と普及を図っていく。

エボラブルアジア社は今年2月、同社子会社である株式会社エアトリステイが開始した、住宅宿泊事業の準備・運用をサポートする事業者向けのワンストップサービスである「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」について、Airbnb Japan社と連携している。

両社は同資本業務提携を契機に、Airbnb向けワンストップサービスの強化を進めていく見通しだ。

【関連ニュース】Airbnb、事業者向けに民泊一括運営支援を開始したエボラブルアジアと連携。公式に運用代行や立上支援へ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も