ecboと西日本鉄道が業務提携。荷物預かり「ecbo cloak」福岡天神ソラリアステージに導入

荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社は2月15日、西日本鉄道株式会社(以下、西鉄)と業務提携したことを公表した。ecbo cloakの大手私鉄への導入は初めて。

提携により、ecbo社は西鉄が運営するソラリアステージ6階の「SPACE on the Station」にecbo cloakを導入し、2月16日より荷物の預かりを開始した。西鉄の施設では、訪日客をはじめとする観光客の急増により、大型コインロッカー不足が課題となっていた。西鉄では「まち夢ビジョン 2025」を策定し「福岡のまちの発展をけん引し、利便性の高い交通の提供と、主要駅周辺の開発や観光・インバウンド需要の取込みなどで持続的に人が集うまちづくりに寄与」することを掲げており、ecbo社もサービスを通じて、このビジョンの実現に貢献する。

ecbo株式会社 × 西日本鉄道株式会社

ecbo cloakは2017年1月に東京都内で開始した「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースをもつお店」をつなぐシェアリングサービスだ。ネットで事前予約すると、カフェ・美容院・レンタサイクル・着物レンタル店・神社・郵便局・一部駅構内など100を超える提携先の多種多様なスペースに荷物を預けることができる。現在は、東京、京都、大阪、福岡、沖縄、北海道、愛知など全国の主要な都市で展開しており、国内外の旅行者による旅先での利用はもちろん、イベントの参加時や日常生活での買い物時などさまざまなシーンで利用されている。今後もecbo cloakのサービス提供範囲の拡大により、観光客の身軽な旅を促進することに期待がかかる。

【ウェブサイト】SPACE on the Station (サイズに関わらず一律700円) (天神) – ecbo cloakで荷物預かり
【関連ページ】街カフェで荷物一時預かり。シェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb