デバイスエージェンシー、宿泊事業者向けに「IT導入補助金対応パック」を用意

セルフチェックインタブレット「エアサポタッチ」の提供や、民泊施設向けにIoT機器販売と訪問設定サービス「&IoT(アンド・アイ・オー・ティー)」を提供する株式会社デバイスエージェンシーはこのたび、宿泊事業者向けに「IT導入補助金対応パック」を用意したことを発表した。

同サービスは、2020年4月に閣議決定した補正予算案にて、「IT導入補助金」の特別枠が設定されたことを受け開始。施設の規模やインフラに合わせたシステムパックを用意し、システムの選択・導入の相談から、補助金の申請・受給までを同社が対応してくれる。

なお、システムパックには、チェックインフロント端末の「&IoT チェックインタブレット」、予約や宿泊データの管理に「&IoT DMSクラウド型データ管理システム」、サイトコントローラー・PMSには「Beds24」、スマートロック管理に「インテリジェントホーム・スマートロック管理システム」が用いられる。

同パックの導入により、フロント業務無人化による省人化はもちろん、従業員の新型コロナウイルスの感染リスクを大幅に削減する事ができる。また、補助金の理解が浅くても、煩雑な申請作業などをまとめて依頼できるのは、事業者にとってうれしいニュースだろう。この機会にぜひ同社に問い合わせ、補助金を賢く利用してみてはいかがだろうか。

【参照サイト】IT導入補助金対応パック
【コーポレートサイト】株式会社デバイスエージェンシー

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も