Booking.com、民泊新法届出番号未届けの掲載物件を削除

Booking.com (ブッキング・ドットコム)は6月11日、住宅宿泊事業法下における民泊運営で必要となる届出番号を登録していない宿泊施設の掲載を削除した。該当する宿泊施設に対して届出番号を6月15日までに提供するよう求めている。

なお、削除された宿泊施設に6月15日以降に予約していたゲストに対しては、予約の取り消しや他の宿泊施設への案内を行うなどの対応が行われている。

民泊仲介サイト世界最大手のAirbnbも先日、観光庁が6月1日に発出した違法物件に係る予約の取扱いについての通知を受け、違法民泊物件の予約を取り消す措置を講じていた。また、届出番号未届けの物件の削除も行っており、Booking.comもこれに続いた形となった。

【関連ページ】Airbnb、観光庁通知受け、違法民泊物件の予約を取り消し

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も