百戦錬磨、2月1日オープンの大阪なんば高架下のホステル「BON HOSTEL」予約受付開始

民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨(以下、百戦錬磨)は、2月1日(木)にオープンを予定しているスペースのカフェ&バー併設ホステル「BON HOSTEL(ボンホステル)」の予約受付を開始した。

BON HOSTELは、大阪市浪速区の鉄道高架下を活用した自社開発のカフェ&バー併設型スタイルのホステルだ。旅行者のなかでも特に情報発信力の高いフラッシュパッカーをターゲットに、情報交換や情報発信ができる場として、百戦錬磨と南海電気鉄道株式会社の協業により運営される。「フラッシュパッカー」とはスマートフォンやタブレットなどを片手にSNSなどで情報を発信する旅行者であり、同施設は「高架下×宿泊施設」という特殊なスペースで、旅行者と地域住民が集いにぎわう場を提供する。

また、「都会と地方を繋ぐ」をコンセプトとするBON HOSTELは「STAY JAPAN」との連携により、STAY JAPANに掲載中のホストとの交流イベントや、施設内に地域や農泊施設のPRコーナーを設置するなど、旅行者が日本の地域観光をうながすきっかけづくりを行う。そのほか訪日外国人旅行者に人気の大阪・なんばをハブとし、岸和田天神宮での巫女体験や、心斎橋での侍・忍者体験といった体験メニューを紹介するなど、宿泊者が日本での滞在をよりディープに楽しむための提案を随時行う予定だ。

【公式ページ】BON HOSTEL
【関連ページ】百戦錬磨と南海電鉄、高架下活用の自社開発運営ホステル「BON HOSTEL」を大阪市浪速区で2018年2月開業へ

(MINPAKU.Biz編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も