ベイコムのスマートロック、民泊ラボ運営の@RLiS_houseに導入

ベイコムのスマートロック、民泊ラボ運営の@RLis_houseに導入

阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ベイ・コミュニケーションズが提供する「インテリジェントホーム スマートロック」を「@RLiS_house series」を展開する株式会社民泊ラボが採用した。

ベイコムのスマートロック、民泊ラボ運営の@RLiS-houseに導入

今回導入が決まったのは複数の宿泊施設の運営を手掛ける株式会社民泊ラボの宿泊施設「@RLiS-house series」のうち「@RLiS_house 新大阪北」と「@RLiS_house 通天閣」の2施設だ。「@RLiS_house 新大阪北」は新大阪駅まで1駅、「@RLiS_house 通天閣」はさまざまな飲食店が立ち並ぶ新世界に面しており、それぞれ人気の高い好立地に位置する。

「インテリジェントホーム スマートロック」は既存錠前をそのまま流用しての取付が可能で、時限式の暗証番号発行のほか、開閉履歴の確認やリアルタイムでの解錠・施錠をすべて遠隔で行うことができる特徴がある。また、エントランスの自動ドアにも対応可能で、エントランスから入室まで、すべてスマートロックで一元管理できる。

また、株式会社デバイスエージェンシーが提供する「エアサポタッチ」や株式会社エアホストが提供するクラウドサービス「AirHost PMS」ともAPI連携しており、同時導入により無人でのフロント運営も可能となる。初期費用0円から導入でき、ドアの加工不要で取付可能な「インテリジェントホーム スマートロック」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

※インテリジェントホームは、イッツ・コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。

【関連ページ】【スマートロック】インテリジェントホーム スマートロック
【ウェブサイト】民泊ラボ|大阪エリアを中心におすすめの民泊情報を発信
【ウェブサイト】air support touch(エアサポタッチ)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb