アパマンショップ、民泊物件情報サイト「APAMANB&B」をオープンへ

賃貸仲介大手の株式会社アパマンショップネットワークは12月9日、同社の運営するサイト「アパマンショップ」において、契約期間2年の従来の賃貸物件に加えて、契約期間1年~の中期賃貸「ダブル0」、契約期間1カ月~の短期賃貸「マンスリー」、そして民泊の区分となる「APAMANB&B」毎に物件情報を検索できるサイトをリリースしたと公表しました。

「マンスリー」については来年1月から物件情報を公開予定で、民泊の「APAMANB&B」については条例制定、省令改正または法令改正に伴う認可に準じて開始する予定とのことです。

11月17日に民泊市場への参入を公式発表して以降、アパマンショップの株価は右肩上がりの上昇を続けています。今後は法規制の改正に合わせて民泊物件に関する情報を公開していく形となりますが、同社のような業界大手企業が民泊市場に本格的に参入することは、これからの民泊の盛り上がりを考える上でも一つの大きな明るい材料となりそうです。今後のアパマンショップの展開に期待がかかります。

【関連リリース】「民泊」及び「短期・中期」賃貸のサイトオープンに関するお知らせ

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も