民泊専門メディアAirstair運営元が「民泊条例マップ」公開。東京23区版を先行配信

民泊専門メディアのAirstairを運営するRecreator合同会社は、住宅宿泊事業の実施可能エリアを可視化した「民泊条例マップ」を公開した。まず、第一弾として東京23区版を公開している

これから民泊事業への参入を検討している方、民泊に興味を持っている方にとって、民泊条例やその骨子案に基づき、民泊の運営可能区域や日数・期間を一目で理解できるようにしたグラフが添えられたマップはありがたい存在だ。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

【サービスページ】民泊条例マップ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も