AirHost PMS、ブロックチェーンロック社提供の「KEYVOX」とAPI連携開始

株式会社エアホストは7月19日、同社が提供するクラウドサービス「AirHost PMS」とブロックチェーンロック株式会社が提供するスマートロックの統合アクセス権管理プラットフォーム「KEYVOX」がAPI連携を開始したことを公表した。

AirHost PMS × KEYVOX

「KEYVOX」はあらゆるタイプのカギをひとつのプラットフォームで管理することができるアクセス権管理プラットフォームだ。クラウド型サービスとしてKEYVOX ProとKEYVOX Liteをそれぞれ月額500円と月額1,500円からの価格で展開している。

今回のAPI連携で、これまでゲストからの予約確定後に手動で設定する必要があったPINコード(暗証番号)をAirHost PMSから自動で発行・更新することができるようになった。AirHost PMSが備える自動メッセージ機能、自動部屋割り機能、自動決済機能といったすべての機能に連動しているため、施設の運営方法やゲストに合わせて、鍵の管理や受け渡しを自動化することが可能だ。

AirHost PMSは、各チャネルを一括管理するサイトコントローラー機能と、予約やリスティング管理をするPMS機能の両方を備えた、オールインワン型のクラウドサービス。同社が提供する「AirHost チェックインソリューション」とあわせて利用することで、住宅宿泊事業法・旅館業法等で求められる宿泊ゲスト名簿の収集や管理、本人確認をシステム上で一括管理できる。

すでにAirbnb、Booking.com、Expediaなどの宿泊予約サイトと連携しているほか、サイトコントローラーの 「ねっぱん!」やチェックインタブレットの「エアサポタッチ」といった民泊運営に役立つサービスとも連動し、これまでに約9,000件の導入実績がある。1か月の無料トライアル期間も設けられており、初期セットアップにあたっては、ビデオチャットでの無料サポートも利用できる。

今回、Airhost PMSに連携する新たなキーデバイスが追加されたことで、設置可能なドアタイプが増え、鍵のスマート化の選択肢が広がった。集客力・稼働率向上と運営工数削減の双方を実現したい宿泊施設オーナーは、AirHost PMSの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスサイト】AirHost PMS
【サービスサイト】KEYVOX スマートロック | アクセス・コントロール・プラットフォーム
【関連ページ】【民泊向け運用管理ツール】AirHost PMS
【関連ページ】無人でのホテル運営ってどうやるの?ITによる自動化を駆使した運営方法

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb