民泊ホスト向けWebサービス「AirHost」がAgoda、AsiaYoとAPI連携

民泊ホスト向けWebサービスを手掛けるAirHostは5月31日、「Agoda」「AsiaYo」のAPI公式接続パートナーとなったことを公表した

AirHost Webサービスはホストが日々行っている様々なルーティン作業の自動化ツールだ。これまでiCalを使って連携していた「Agoda」「AsiaYo」においてAPIによる連携が可能となった。これにより、予約カレンダーと清掃カレンダーのみの機能利用に、価格同期や自動メッセージなど様々な機能が加わる。

例えば、価格の自動調整においてはAirbnbの価格を100%としたときに、それぞれのチャンネルで何%にするかをあらかじめ決めておくと、日々その割合が適用され、値付けを自動で行うことができるようになる。

AirHostは同連携により稼働率・宿泊単価を大幅に向上し、予約率が平均30%アップすると見込んでいる。

なお、iCal連携であれば、現在Agoda、AsiaYoの他にHomeaway、Flipkey、Expediaが連携可能となっている。また、2017年6月ころにExpedia、途家を、7月ころに自在客を、8月頃にBooking.comを接続予定だという。

【参照リリース】AirHostのWebサービス、Agoda,AsiaYoとAPI公式接続パートナーへ!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も