カヤックLivingとAirbnb、建築デザインアイデアコンペを開催

株式会社カヤックの100%子会社である株式会社カヤックLivingは12月14日、Airbnb Japan株式会社と共同で、カヤックLivingが運営するウェブサイト「SuMiKa」上で、建築デザインアイデアコンペティションを開催することを公表した

建築デザインアイデアコンペティション

募集するデザインアイデアは「訪日観光客を楽しませる面白いホームシェアリング団地」。建築家を対象とし「もし団地の大家になったら」と仮定したアイデアを2019年1月7日まで募る。

審査員には、東京大学の大月敏雄教授、Airbnb執行役員の長田英知氏、面白法人カヤックCEOの柳澤大輔氏、雑誌「Pen」の編集長安藤貴之氏などをむかえる。結果発表は、2019年3月28日のSuMiKaサイトと、Pen別冊紙面「Pen+」にて発表予定だ。

カヤックLivingは、11月14日よりAirbnb Partnersに参画しており、今後、住宅領域、地方創生領域においてAirbnbとの協業を予定している。

【公式サイト】Airbnb×カヤックLiving共同企画 建築デザインアイデアコンペティション
【関連ページ】面白法人カヤックとくらつぐが業務・資本提携。鎌倉の古民家を高級民泊施設として開業へ
【関連ページ】Airbnb Partners、立ち上げから5か月で74社に。パートナー総会も開催
【関連ページ】神奈川県の民泊・旅館業簡易宿所に関する条例・法律・規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway