ラグビーワールドカップ期間中のAirbnb宿泊者数は前年同期比1.5倍の65万人、ホスト収入は71億円に

Airbnbは11月8日、9月20日から11月2日まで開催されたラグビーワールドカップ2019の期間中に全国および12の開催地でAirbnbを利用した宿泊者数についてのデータを発表した。今回のデータにより、Airbnbホストが日本の観光に大きく寄与したことがわかった。

発表によると、全国の宿泊者数は前年同期比約1.5倍の65万人、ホストの収入は71億円だった。そして、12の開催地の宿泊者数は前年同期比110%増の37万人、ホストの収入は12の開催地では前年同期比108%増となる49億円だった。先日、Airbnbが発表した試算では、12の開催地におけるホストの収入について、9月1日から11月30日までの期間で49億円と発表していたことから予測を上回る数値となった。

また、ラグビーワールドカップ期間中の海外からの旅行者の出発地は145か国、8,894都市に及び、特に大会参加国であるイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、カナダ、アイルランドなどの宿泊者数が顕著に増加した。

世界から注目を集めたラグビーワールドカップにおいて、多くの観光客をもてなした民泊ホストは、日本と地域経済、コミュニティに大きく貢献したといえる。今後もAirbnbが大規模スポーツイベントのみならず継続して各地域のホームシェアリングのサポートを行うことで、人材不足や宿泊施設不足をはじめとする宿泊・観光業界のさまざまな課題解決の糸口を見出すことにも期待だ。

【関連ページ】Airbnb(エアビーアンドビー)
【関連ページ】Airbnbのホストになる!Airbnbに登録する方法

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も