Airbnbと大手REIT3社が協議。アパート借主がAirbnbの収益の一部をオーナーに分配

米ウォール・ストリート・ジャーナルは12月16日、Airbnbと米REIT(不動産投資信託)大手3社が、アパートの居住者がAirbnbを通じて自身の部屋を貸し出すことを許可する代わりに、その収益の一部をアパートの運営会社に入るようにする収益分配モデルの実現に向けて調整を進めていると報じた。

Airbnbと交渉を進めているのはEquity Residential、AvalonBay Communities Inc.、Camden Property Trustの3社だ。記事によると、これら3社の保有アパート物件数の合計は25万件に及んでいる。この収益分配スキームが実現すれば、アパートのオーナーだけではなく部屋の借主もAirbnbに自身の部屋を掲載することが可能となり、Airbnbの掲載物件の裾野が一気に拡大する可能性がある。

現状部屋の借主が管理会社やオーナーの許可をとらずに勝手にAirbnbに自身の部屋を掲載し、トラブルとなるケースも増えていたが。米国では、オーナーが個人に部屋の貸し出しを禁止するのではなく、収益もシェアすることで折り合いをつけようという流れに動いている。

【参照記事】Rent Your Place on Airbnb? The Landlord Wants a Cut

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も