Airbnb、日本で初めてのTVキャンペーン「Live There」を開始

民泊サイト最大手のAirbnbは6月12日から、日本では初めてとなる、TVでのマーケティングキャンペーンを開始すると公表した。民泊新法の成立に合わせたタイミングで、日本国内におけるAirbnbのブランド認知を強化する。

「Live There」と名付けたこのキャンペーンは、Airbnbを通じて実現できる地元ならではの体験を紹介し、旅行の仕方を見直すきっかけを提案するものだ。だれでもどこでも「暮らすように旅をする」ことができるというAirbnbのグローバルミッション”Belong Anywhere”を訴求している。

キャンペーンでは、東京を始め、名古屋、関西、福岡など各地の放送局を通じて「Live There」の30秒のTVスポットが流されるほか、紙媒体やデジタル媒体、ソーシャルメディアなどさまざまなプラットフォームを通じてキャンペーンを展開する。

Airbnbは、このキャンペーンを通じてこれまでの決まりきった旅行体験ではなく現地に住む人たちの目を通して旅先の新たな魅力の発見を促し、日本の旅行者が旅を最大限に楽しみ、自分がそこで暮らしているかのように滞在先の文化に溶け込めるような旅行をするようになることを目指すとしている。

【参照リリース】Airbnb、日本で初のTVキャンペーン「Live There」をスタート

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も