Airbnb、2018年平昌冬季オリンピック大会の公式サポーターに就任

世界最大手の民泊仲介サイトAirbnbは11月22日、2018年平昌冬季オリンピック大会の公式サポーター(Official Supporter)となったことを公表した

発表は、2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会のディレクターであるオム・チャンワン(Chanwang Uhm)氏と、Airbnb韓国の公共政策本部長イ・サンヒョン(Sanghyun Lee)氏とによる契約調印式の中で行われた。

Airbnbは2017年に、2018年平昌冬季オリンピック大会に向けた宿泊施設の整備とプロモーションを支援するため江原道と協定を交わしている。江原道におけるAirbnbの宿泊施設数は2017年に入ってから30%増加し、同期間にAirbnbホストが迎えた宿泊者数は7万人を超えた。

2008年の創業以来、Airbnbは2015年のローマ教皇フランシスコのフィラデルフィア訪問や2016年リオ夏季オリンピック大会といった数々のイベントで、各都市における宿泊施設の整備を支援しており、大きな文化イベントにおける宿泊需要の受け皿としての役割を担ってきた。

今後Airbnbは公式サポーターとして、現地のAirbnbホストコミュニティと協力し、平昌冬季オリンピックが開催される江原道地域を訪れる旅行客に宿泊施設を提供すると同時に、江原道独自の文化や美しい自然を国内外からの旅行客に発信していく見通しだ。

【参照リリース】Airbnb、2018年平昌冬季オリンピックの公式サポーター契約を締結

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も