Airbnb、イベント主催者向けツール「Airbnb for Events」開始

Airbnbから、イベント開催に合わせて宿泊施設マップを作成できる新たなツール「Airbnb for Events」が登場した。これはイベント主催者が作成した専用ページを、宿泊施設を探している参加者に共有できる無料ツールだ。

使い方として、まず主催者はAirbnb for Eventsのページから開催されるイベント名や日時、場所などの簡単な情報を入力する。すると入力した情報をもとに「カスタムイベントページ」とウェブサイトに埋め込める「Airbnbウィジェット」が自動で作成される。このイベントページをシェア、もしくはウェブサイト上にAirbnbウィジェットを埋め込むことで、イベント参加者は開催地の周辺にある宿泊先を探すことができる。

これから夏に向け、全国各地ではさまざまなイベントが盛んに行われる。イベント主催者がAirbnb for Eventsを利用し宿泊先情報を提供することで、多くの方が積極的にイベント参加できるとともに、開催地周辺の宿泊施設の利用が活発になることが期待される。

【公式ページ】Airbnb for Events
【関連ページ】Airbnb(エアビーアンドビー)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も