ExperiencesでNPOが400万ユーロの収入、Airbnbはオランダでの提供拡大へ

Airbnbは5月31日、オランダのプラットフォームで提供されるSocial Impact Experiences(社会的影響のある経験)の数を増やす新たな方針を発表した。

Social Impact Experiencesは、非営利団体が運営するもので、Airbnbは手数料を免除している。このコミットメントは、より多くの人々や地域社会が観光から恩恵を受けられるようにというAirbnbのビジョンを体現するものだ。

現在オランダで行う7つのSocial Impact Experiencesのうち半数はアムステルダムにある。「アムステルダムのプラスチックフィッシング」と題された活動では、訪問者はアムステルダム運河のプラスチックでできたデザインボートに乗って、水上からアムステルダムの景色を眺めつつプラスチックの釣りをして、環境に良い影響を与えることができる。すでに約500人のゲストが参加し、1万ユーロを得ることができた。

より多くの非営利団体がSocial Impact Experiencesから恩恵を受けることができるように、Airbnbは慈善団体向けのイベントとワークショップをオランダで積極的に開催する。オランダの慈善団体に追加の収入源を提供するだけでなく、世界中の旅行者とつながることもできる。

今年、AirbnbはVan Gogh Heritage Foundationと提携し、ブラバントで3つの新しいSocial Impact Experiencesを開始した。ゴッホが描いた景色の中の散策やゴッホの私生活の知られざる逸話を聞く経験等で、博物館を飛び出し、芸術家の生きた作品で、ゴッホの故郷全体に観光を広めることで、今後の同財団の新たな収入源となる。

Airbnbは2016年に約500件のExperiences提供を開始し、現在では世界中で3万件を超えるExperiencesが提供されている。65,000人以上の人々がSocial Impact Experiencesを通じて非営利団体とつながっており、もっとも成功した非営利団体はわずか1年で70万ユーロ以上の収入を得ている。AirbnbでExperiencesを提供することで、NPOが世界中で約400万ユーロの収入を得ることができたという。

【参照ページ】Nonprofits raised almost €4 million via Airbnb Experiences, Airbnb to grow Dutch offering
【関連ページ】Airbnb(エアービーアンドビー)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb