Airbnb China、ライバルTujia.comと交渉か

Uber Chinaが中国のライバルDidi Chuxingと取引を行ったが、もう一つの米国テクノロジー企業Airbnbもそれに続く可能性が出てきた。世界で2番目に大きいオンライン旅行市場である中国を征服すべくAirbnb Chinaが、中国民泊サイト大手の「途家 Tujia」と水面下で交渉しているとChina Money Networkが報じている

取引の詳細はほとんどわかっていないが、内部関係者筋は投資や戦略的パートナーシップの可能性を明かしている。Airbnbの広報担当Nick Papasは交渉事実を否定したが、詳細を説明するには至らなかった。

Tujia.comは2016年10月、中国最大のオンライン旅行代理店CtripとQunar.comのバケーションレンタル事業を買収した。4か月前には、Ganjiが所有するバケーションレンタルプラットフォームMighty Talent社を株式交換取引で掌握。これらの提携はMighty Talent社の投資家であり、Ctripの共同設立者の一人であるSequoia Capital Chinaのマネージングパートナー、Neil Shenによって推進された。

Sequoia Capital Chinaは、Airbnbが2015年8月に中国市場に進出した際に提携した2つのベンチャーキャピタル企業の1つだった。Neil ShenはAirbnb ChinaとTujiaが熾烈な市場シェア争奪戦で痛みあう代わりに、協力するべく取引を推進しているという。

提携は両当事者にとって有益なものになるだろう。 AirbnbはTujia.comの国内のホームリスティングを利用することができ、Tujiaはホームレンタルの支配的地位を補うホームシェア事業を強化することができる。さらにTujiaの大株主であるCtripは、国際化戦略において大きな前進を成し遂げる。

中国での戦略に日本を重要視する等、巨大市場の牙城を崩すべく試行錯誤を続けるAirbnbの動向から目が離せなくなってきた。

【参照ページ】Airbnb China Said In Deal Talks With Local Rival Tujia.Com
【参照ページ】Airbnb reportedly in talks with domestic rental site Tujia

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も