民泊宿泊者向けポケットWi-Fiルーター「エアサポタッチWi-Fi」提供開始

株式会社デバイスエージェンシーは12月10日、民泊宿泊者向けポケットWi-Fiルーター「エアサポタッチWi-Fi」のレンタルサービスを開始したことを公表した。

エアサポタッチWi-Fi

「エアサポタッチWi-Fi」は宿泊施設が宿泊客に対して貸し出すためのポケットWi-Fiルーターだ。データ通信量無制限で下り最大440Mbpsの速度で通信が可能となっており、端末の故障や紛失などに対応した「あんしん端末補償」も含めて、月額税別3,480円で利用できる。契約事務手数料、解約事務手数料、解約違約金、端末代金、初回送料は不要で、別途、初期費用として税別3,000円が必要となる。途中解約の場合でも、1か月間の最低利用期間経過後は違約金なしでいつでも解約できる。

同社が提供する特区民泊・民泊新法・簡易宿泊所施設向けのセルフチェックインタブレット「エアサポタッチ」と「エアサポタッチWi-Fi」を同時に利用する場合、エアサポタッチの月額税抜3,980円から1,000円が割引かれ、あわせて月額税抜6,480円で利用できる。さらにエアサポタッチの1部屋あたりの追加利用分の月額も1,000円から500円となる。

ゲストによるデータ通信過多による通信制限の心配なく、しかもコストを抑えて導入できる「エアサポタッチWi-Fi」は、民泊向けのWi-Fiサービスの中でも魅力あるパッケージだ。民泊事業者の方々はエアサポタッチとともに導入を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスページ】エアサポタッチWi-Fi
【関連製品ページ】air support touch(エアサポタッチ)
【関連製品詳細ページ】【民泊チェックイン・本人確認】エアサポタッチ
【関連ページ】民泊WIFIレンタルの比較・ランキング
【関連ページ】Airbnb・民泊運用に必須!おすすめのモバイルwi-fi

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も