チェックイン・本人確認タブレットのエアサポタッチ、次世代節水装置JETとの同時申込キャンペーンを実施

株式会社デバイスエージェンシーは12月4日、同社が提供する遠隔でのチェックイン・本人確認が可能なタブレット「エアサポタッチ」と株式会社NEXTが販売する次世代節水装置JETを同時に申し込むとJETの毎月のレンタル料を実質無料とするキャンペーンを実施していることを公表した。

エアサポタッチ×JET キャンペーン

次世代節水装置JETは、従来の節水装置のように使用感を低下することなく簡単に節水できる装置だ。世界6各国で特許を取得している。例えば、宿泊客のシャワー代がかさむ場合でもJETを設置すると、JETのレンタル料金を支払ったとしても水道料金を約3割削減できる。具体的にビジネスレジャーホテルの事例では、JETを97個を設置することで、設置前には1,516,590円かかっていた水道料金が設置後には1,225,348円と、毎月291,242円、約3割の経費削減につながっている。

エアサポタッチは、特区民泊・民泊新法・簡易宿泊所施設向けに開発されたセルフチェックインタブレットだ。複数の部屋管理やスマートロックキーに対応するほか、宿泊施設におけるゲストの本人確認、パスポートチェック、チェックイン・チェックアウトを遠隔で行い、一元管理することができる。英語、韓国語、中国語(簡体・繁体)、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、日本語の8か国語に対応するほか、コールセンター呼出し機能も設けられている。サービスは月額3,980円から利用可能だ。

10月には、AIによりパスポート写真とチェックイン時に撮影した写真を解析し同一人物チェックを行う機能や、AIによるOCR機能によりパスポートの自動文字入力を実装するアップデートが行われ、ゲストのチェックイン時の効率が向上した。

お得なキャンペーンの実施中に、より便利になったエアサポタッチと次世代節水装置JETの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【キャンペーン特設ページ】次世代節水装置JET|取り付けた瞬間から水道代実質30%カット
【サービスサイト】air support touch(エアサポタッチ)
【製品詳細ページ】【民泊チェックイン・本人確認】エアサポタッチ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect