民泊ホスト向けチェックインタブレット「エアサポタッチ」、本人確認にAIを利用した顔認証機能を7月中旬にも実装へ

遠隔でのチェックイン・本人確認が可能なタブレット「air support touch(エアサポタッチ)」を開発提供する株式会社デバイスエージェンシーが、AIを利用したパスポート写真と本人撮影写真が同一人物であるかを判別する顔認証機能を、7月中旬に実装することを明らかにした。同機能の利用料はエアサポタッチ利用料金に含まれるため、無料だ。これまでに出荷されたエアサポタッチもバージョンアップにより同機能を利用可能となる。

新たに実装される顔認証機能では、パスポート写真と本人撮影写真の同一人物であるかの信頼度をパーセンテージで確認できる。パーセンテージに満たない場合は「再撮影」か「後ほど施設運営者より連絡がある」の2つのボタンが表示され、そのいずれかを選択することであらためて本人確認を行う。施設運営者には、同一人物かどうかの信頼度が宿泊者台帳のCSVファイルに追加される。

エアサポタッチは、宿泊施設におけるゲストの本人確認、パスポートチェック、チェックイン・チェックアウトを遠隔で行うことができるタブレットだ。英語、韓国語、中国語(簡体・繁体)、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、日本語の8か国語に対応するほか、コールセンター呼出し機能も設けられている。サービスは月額3,980円から利用可能だ。

現在、エアサポタッチはMINPAKU.Biz限定の導入キャンペーンを行っている。お得なキャンペーンの実施期間中にエアサポタッチの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスサイト】air support touch(エアサポタッチ)
【関連ページ】【民泊チェックイン・本人確認】エアサポタッチ
【キャンペーンページ】民泊チェックイン・本人確認タブレットのエアサポタッチ、MINPAKU.Biz限定キャンペーンを実施中

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect