民泊管理サービス「Air Profits」1ヶ月で100事業者が導入

スマートフォンアプリケーションの開発及び販売を行うサムライ・インターナショナル株式会社は9月8日、同社が提供する民泊物件の売上管理ができるサービス「Air Profits(エアープロフィッツ)」において、7月28日のサービス開始から1か月で導入数が100事業者を超えたことを公表した。

「Air Profits」はAirbnbサイト内での売り上げや予約率を知ることができるサービスであり、売上分析・予約率の管理作業を数分にまで短縮可能にする。複数物件を運用している場合に把握することが難しい、物件ごとの売上や予約率をグラフ化する等、分かりやすい形で民泊オーナーに提供している。クラウド管理のため、スマートフォンから閲覧できるのも魅力だ。

今後は、予約やメッセージの一元管理や、Airbnb以外の民泊サイトへの接続対応を予定しており、さらなる効率化に貢献していく方針だ。

ベータ期間内は無料で利用できるため、複数の物件管理に頭を抱えている民泊事業者の方は試しに利用してみるのもよいかもしれない。

【参照リリース】民泊物件の売上管理サービス「Air Profits」開始1ヶ月で100事業者が導入
【サービスページ】Air Profits

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も