Airbnbの本場、アメリカの規制事情とは?(他1件)

今日の注目民泊コラムピックアップ

今日はニュースがありませんでしたので、注目のコラムを2つピックアップしました!

東洋経済オンラインが、Airbnbの本場、米国サンフランシスコにおける同社と自治体との規制を巡るやりとりについての記事を紹介しています。また、BLOGOSでも同様に本家アメリカの規制状況について論点を整理して詳しく解説されており、とても分かりやすいです。

日本では現在民泊解禁に向けた調整が進められていますが、Airbnbのような民泊サービスを禁止・制限している法規制があるのは何も日本だけではありません。また、Airbnb自体もただ単に行政に対して規制緩和を求めているのではなく、行政と共にベストなサービスの在り方を検討する姿勢を見せています。今後の日本における民泊解禁をめぐる議論を理解する上でとても参考になる記事ですので、ぜひどうぞ。

(※写真提供:Pius Lee / Shutterstock.com

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

Airbnbで民泊始めよう

Airbnb世界最大手の民泊仲介サイト。600万人ものゲストにお部屋をアピールすることができます。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

一棟貸しならHomeAway

Airbnb月間4,000万人が訪問する世界最大級の民泊仲介サイト。家族・グループ中心のゲストにアピール。

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も