民泊WIFIレンタルの比較・ランキング

民泊WIFIとは?~民泊運用に必須のモバイルWIFIルーター~

民泊WIFIとは、民泊物件に設置することを主たる目的として提供されているモバイルWIFIルーターのレンタルサービスのことを指します。日本で民泊運用を成功させる上で、モバイルWIFIルーターの設置は必須のアイテムと言っても過言ではありません。通常のモバイルWIFIルーターを民泊用に契約することも可能ですが、最近では民泊専用のモバイルWIFIレンタルサービスを提供する会社があり、通常のモバイルWIFIよりも通信量や契約面など様々な点で多くのメリットを提供しているので、これから民泊を始めるという方はこれらの会社のサービスを活用することをおすすめします。ここでは、民泊WIFIについて詳しくご紹介します。

なぜモバイルWIFIルーターが必要なのか?

そもそも、なぜ民泊運用にあたっては民泊物件にモバイルWIFIルーターを設置することが必要なのでしょうか。その理由はシンプルで、日本では海外と比較して公共スペースにおけるWIFI環境の整備が遅れているため、海外からやってきた訪日外国人ゲストはモバイルWIFIルーターがないと日本での観光中にインターネットに接続できず、地図や検索機能も使えず満足な旅ができないためです。

実際に、総務省と観光庁が2016年1月に公表している「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」結果でも、訪日外国人が日本旅行中に困ったこととして「無料公衆無線LAN環境」が46.6%とダントツで最も多くなっています。二番目に困ったこととして挙がっている「施設等のスタッフとコミュニケーションがとれない(英語が通じない等)」の割合は35.7%ですので、言葉の壁よりもインターネット環境のほうがいかに訪日外国人にとっての不満の種となっているかが分かります。

モバイルWIFIルーターを設置するメリット

民泊物件にモバイルWIFIルーターを設置することで、下記のようなメリットが得られます。

  • 民泊物件の予約率が上がる
  • 訪日外国人ゲストの満足度が大きく上がり、高評価レビュー獲得につながる
  • 上記2つによって物件の稼働率が上がり、収益性が高まる

モバイルWIFIルーターがアメニティとして用意されていることをAirbnbなど民泊仲介サイトのリスティングページにしっかりと掲載しておくことで、物件の予約率を高めることができます。また、日本にやってきたゲストはそのWIFIルーターを観光中に持ち歩くことができ、地図や検索など自由にインターネットを使うことでストレスない旅を楽しむことができるようになります。結果としてゲストからの高評価レビューを獲得することができ、そのレビューが新たな予約を生むという形で物件の稼働率を高め、収益性を上げていくことができるのです。モバイルWIFIルーターのレンタルには毎月一定のコストがかかりますが、それにより得られるメリットを考慮すれば、これは民泊運用にとって最低限必要となる投資であり、十分にリターンが見込める合理的な投資だと言えます。

通常のモバイルWIFIと比較した「民泊WIFI」のメリット

しかし、それでは何でもよいのでモバイルWIFIルーターをレンタル契約して設置すれば何でもよいかというと、そうではありません。通常のモバイルWIFIルーターをレンタルする場合、通信量制限があったり、契約期間が2年だったりと様々な制約があり、ゲスト満足度、ホストとしての民泊運用リスクを考慮した際にベストな選択とは言えません。そこで活用できるのが「民泊WIFI」なのです。民泊運用を主たる目的として提供されている民泊WIFIは、民泊ホストとゲストのニーズをしっかりと加味したサービス内容となっているので非常におすすめです。具体的には、民泊WIFIには下記のようなメリットがあります。

  1. 通信制限がない
  2. 契約期間の縛りがない
  3. 破損・紛失・故障に備えた保証システムがある
  4. ゲストが勝手にプラン変更できない
  5. 多言語サポートが受けられる

1. 通信制限がない

民泊WIFIを利用する一番のメリットは、通信制限がないという点です。現状だと日本の一般的なモバイルWIFIサービスだと直近3日間の合計利用通信量が3GBを超えてしまうと、通信制限がかかるようになっています。中には3日間で1GB以上でも通信制限がかかるプランなどもあります。

なぜ通信量制限があるWIFIが問題なのかというと、そうしたモバイルWIFIの場合、直前のゲストが動画などを大量に閲覧して通信制限量を超過してしまうと、次にその部屋にやってきたゲストがWIFIを利用しようとしても使えなくなってしまうという問題が発生するためです。実際にこのようなモバイルWIFIの通信量制限に起因するクレームやネガティブなレビューコメントがつくケースはとても多いため注意が必要です。民泊WIFIの場合は基本的に通信無制限なので、こうしたトラブルのリスクを避け、常にゲストに快適なインターネット通信環境を提供することができます。(※無制限とは言っても実際には通信制限がかかるケースがあります。詳しくは「本当に通信量の制限がないの?」をお読みください。)

2. 契約期間の縛りがない

通常のモバイルWIFIルーターレンタルサービスの場合、契約期間が2年間といった縛りがついているのが一般的ですが、民泊WIFIの場合は契約期間の縛りがないため、いつでも自由に解約することが可能です。民泊運用をする際には、運用を始めたものの収益性が低かったので、半年間で運用をストップしなければいけなくなるといったケースが発生する可能性もゼロではありません。こうした民泊運用を短期間で辞めるリスクを想定すれば、契約期間の縛りがない民泊WIFIはとても使い勝手がよいサービスだと言えます。

3. 破損・紛失・故障に備えた保証システムがある

モバイルWIFIルーターを民泊でやってきたゲストに貸し出す場合、自分がWIFIルーターを使うケースと比較してルーターの紛失リスクや破損リスクは当然ながら大きく高まります。そのため、民泊WIFIレンタルサービス各社は万が一の紛失や破損、故障などに備えた保証システムを用意してくれています。ルーターが紛失・破損・故障した場合でもすぐに代替品と取り換えてくれるため、次にやってくるゲストに迷惑をかけることもありません。

4. ゲストが勝手にプラン変更できない

民泊WIFIは一般的に通常のモバイルWIFIルーターとは違って利用者が勝手にWIFIのプランを変更したりできない仕様となっているため、民泊ゲストが勝手に高速モードにプランを切り替えたり、制限を外してしまい、別料金を請求されるといったリスクもなくなります。

5. 多言語サポートが受けられる

民泊WIFIレンタルサービス各社では、ゲストからWIFIに関する質問が来た場合に備えて多言語(英・中・韓など)でのサポートサービスを提供してくれているため、外国語が苦手な方でも安心してモバイルWIFIルーターを設置することができます。

民泊WIFIのレンタル費用相場

民泊WIFIをレンタルする場合、費用はどの程度かかるのでしょうか。民泊WIFIの月額費用の相場としては4,000円~4,500円程度(キャンペーンによる割引などはあり)、その他の様々な手数料なども含めて仮に一年間契約した場合の費用相場は54,000円~62,000円程度となっています。これは一日あたりに換算すると140円~170円程度の投資となります。

おすすめ民泊WIFIの一覧比較表

上記で説明したように民泊WIFIには通常のモバイルWIFIレンタルよりもはるかに多くのメリットがあるため、民泊運用を始める方は必ず導入することをおすすめします。ここでは、民泊WIFIを提供している会社の中でも特におすすめの4社について、各社の違いを分かりやすく比較表にしてまとめました。

サービス名 SPACE Wi-Fi 民泊wifi 民泊レンタルWi-Fi Famifi
会社名 株式会社スペースエージェント ジェイピーモバイル株式会社 民泊レンタルWi-Fi 株式会社ファミリアリンク
キャリア WiMAX/Softbank LTE Cat6対応 国内3キャリアLTE回線 SoftbBank 4G、4G LTE回線 国内複数キャリア
使用機種 Speed Wi-Fi NEXT W04(2017年最新機種)
Mobile Wi-Fi E5383(HUAWEI社)
※端末は選択不可。W04を優先出荷し、在庫状況によりE5383を提供
Softbank 303zt(最新)
製品使用状況 新品
通信速度 WiMAX:下り最大440Mbps(対応エリア最大708Mbps)
E5383:下り300Mbps(対応エリア最大866Mbps)
最大 下り187.5Mbps 最大 下り440Mbps
同時接続台数 WiMAX:10台/E5383:10台 8台 14台
バッテリー容量 WiMAX:最大約10.5時間/E5383:最長約13時間 1560時間(スリープ機能有) 1000時間(スリープ機能無)
初期費用 0円 0円 0円 0円
事務手数料 0円 4,000円 4,500円 3,000円
月額費用 3,480円(税抜) 3,480円(3,980円 ※サポートパック付) 4,500円 3,980円 →特別価格 2,480円(※最大2ヶ月)
通信制限 月間無制限
※WiMAX:3日10GBを超えた場合のみ、翌日夜の一部時間帯の速度を制限
※E5383:1日3GBを超えた場合のみ、当日の速度を制限
なし なし なし
契約期間の縛り なし なし なし なし
解約違約金 0円(解約事務手数料0円) なし(事務手数料3,000円) なし なし(事務手数料5,000円)
1年継続利用時の費用 45,100円 45,760円(51,760円) 58,500円 45,760円
サポートパック なし 月額:500円(契約時のみ加入可能) 月額:980円(月額費用に含まれる) 月額:500円(契約時のみ加入可能)
保証 端末保証料金なし。端末保証未加入時の紛失・破損支払金10,800円(税込)/SIMカード再発行手数料3,240円(税込) 紛失時:20,000円→10,000円
破損:20,000円→0円
故障:0円(無料で即日取り替え)
紛失時:0円(機器0円・SIMカード4000円・郵送代500円)
破損時:0円
故障時:0円 本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換
紛失・破損時:10,000円※安心保証加入の場合は交換無料(SIMカードの再発行が必要な場合は、安心保証の有無に関わらず別途4,000円(税抜)が発生)。
故障時:交換無料
特典 1500円キャッシュバック
一般社団法人日本民泊管理行協会公認
スタートアップキャンペーンで最大2カ月、月額2,480円(税抜)

おすすめ民泊WIFIのまとめ

手数料・契約期間縛り一切なし!最安値保証あり「SPACE Wi-Fi」

SPACE Wi-FiモバイルWi-FiルーターのSPACE Wi-Fiは、民泊・転貸許可物件を集めた国内最大級の民泊物件情報サイト「民泊物件.com」を運営する株式会社スペースエージェントが提供している民泊Wi-Fiです。月額料金のみで各種手数料は一切かからない点が魅力です。端末は最新のWiMAXを使用しており、容量無制限で高速通信ができる快適な使用感で定評があります。端末操作マニュアルとコールセンターは英語、中国語に対応しており、大半の外国人ゲストが安心して利用することができます。違約金や契約期間の縛りがなく、いつでも解約可能なため、長期利用を希望するホストの方だけでなく、初心者の方や一定期間試してみたいという方も気軽に導入することができます。


契約台数5,000台突破!業界シェアNo.1のジェイピーモバイル「民泊WIFI」

民泊WIFIは、訪日外国人向けSIM販売などを手がけるジェイピーモバイル社が展開する民泊ホストのための民泊専用モバイルWi-Fiレンタルサービスです。契約期間縛りなし、通信量制限なし、故障・紛失時のサポート(月額500円)という民泊Wi-Fiに必須の3条件に加えて、日・英・中・ベトナム語による多言語サポート、最短当日発送翌日お届け、月額3,480円という業界最安値級の価格を強みとして既に契約台数は5,000台を突破しており、民泊Wi-FiシェアNo.1の製品なので民泊運営初心者の方にも大変おすすめです。


MINPAKU.Bizから申込で1,500円キャッシュバック!「民泊レンタルWi-Fi™」

民泊レンタルWi-Fi™は、Softbankでも大人気のHybrid 4G LTEに対応した超高速Wi-Fiルーター、「Pocket WiFi 303ZT」を提供する民泊専門のモバイルwifiレンタルサービスです。誰でも直感的な操作が可能な大型液晶パネルで、同時接続14台、長時間利用でも安心な2,700mAhの大容量バッテリーという好条件でゲストの満足度を最大限に高めることができます。また、業界初となる通信量がWeb上で把握できる管理機能「Wi-Fi Manager」も提供している点も魅力です。契約期間縛りなし、通信量制限なしに加えて、故障時・紛失時の安心サポートパックが月額費用に含まれている点も嬉しいポイントです。さらにMINPAKU.Biz経由の申込で1,500円キャッシュバックキャンペーンも展開していますので、とてもおすすめです。


超高速!業界最安値2,480円~の民泊WIFI「famifi」

民泊専用モバイルWi-Fiルーターのfamifi(ファミファイ)は、民泊運営代行シェアNo.1のファミリアリンクが提供している民泊WIFIです。「月額通信制限なし」「契約期間の縛りなし」「故障・紛失・破損時の保証」という民泊WIFIに必須の3条件はもちろん、下り最大440Mbpsという超高速WIFIを業界最安値となる月額2,480円(最大2ヶ月。その後3,980円)で提供している点が何よりの魅力です。さらに、民泊ゲスト向けの多言語対応(英・中・韓・日)サポートもついており、大変おすすめです。2016年12月からは、民泊以外の用途での使用でも申込が可能となり、法人・個人を問わず誰でも利用可能となっています。

民泊WIFIに関するよくある質問

モバイルWIFIルーターを置いたら盗まれたりしないの?

モバイルWIFIルーターを民泊物件に置いたら、ゲストがそのまま持って帰ったりしないの?という疑問を抱く方もいるかもしれませんが、基本的にWIFIルーターは日本でしか利用できないため、海外からやってきたゲストがそれをそのまま持ち帰っても役に立たず、盗むメリットがありません。また、民泊の場合は仲介サイトに相互レビュー機能がありますので、ホストからネガティブなレビューをもらいたくないゲストは一般的にホストに迷惑をかけるような行為はしません。さらに、万が一ゲストがモバイルWIFIルーターを紛失してしまった場合でも、民泊WIFIであれば保証サービスの範囲内ですぐに代替品を提供してもらえるので安心です。

本当に通信量の制限がないの?

一般的にどの民泊WIFIレンタルサービスも「通信量無制限」を強みに謳っています。しかし、実際には「無制限」とはいってもあまりに異常な大量ダウンロードなどを繰り返すなど通常の民泊ゲストの利用想定範囲を大きく超える使い方をした場合、通信制限がかかることはあります。実際の速度制限の基準は民泊WIFIレンタルサービスの提供各社によって異なりますが、月間約30GBまで、50GBまでなど一定の基準を超えて高速通信をした場合に制限がかかります。

民泊以外に使用してもいいの?

通信量無制限、契約期間の縛りもなし、保証サポートもあり聞けば、民泊用のWIFIとしてではなく普通のWIFIルーターとして利用したいという方も多いのではないかと思います。民泊WIFIレンタルサービスでは、民泊用ではなく自分用のWIFIとして契約し、利用することも可能です。

何台までレンタル可能なの?

詳細は民泊WIFIレンタルサービス各社に問い合わせる必要がありますが、一般的には一度に10台までは申し込むことができ、それ以上の台数については在庫台数を確認のうえ連絡、という形が多いようです。法人として複数の部屋・物件を民泊運用するため一気に数十台を契約したいといった場合でも対応は可能ですので、問い合わせてみましょう。

契約期間の縛りがなくても、解約時にお金はかかる?

民泊WIFIでは一般的に契約期間の縛りがないため、解約する際に残り契約月数×月額料金を支払うといった必要はありません。ただし、解約する際は「解約事務手数料」として数千円かかる会社もありますので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?民泊運用においては綺麗なインテリアグッズなどももちろん重要ですが、ゲストにとってはモバイルWIFIルーターのほうがそれ以上に重要なアメニティであることは間違いありません。ぜひ上記でご紹介した民泊WIFIレンタルサービスを活用して、ゲスト満足度向上によるレビュー獲得、稼働率向上という収益スパイラルを生み出しましょう。

民泊支援サービスのまとめ・一覧

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

スマートロックならAkerun

初期費ゼロ・工事不要のスマートロックデバイス。24時間のサポート体制

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件なら民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数4,000件以上。非公開物件メール配信