民泊支援サービスの一覧・まとめ

民泊支援サービスの一覧・まとめ

民泊運用に役立つ民泊支援サービスを掲載しています。これから民泊を運用する方やすでに民泊を運営されている民泊ホストや宿泊事業者の方はぜひ参考にしてください。

民泊・Airbnb運用代行会社の一覧・まとめ

Airbnbを始めとしたバケーションレンタルサイトの実際の運用の際には、英語でのコミュニケーションや宿泊施設としてのオペレーションが障害になりがちです。多くの宿泊ゲストは英語でのコミュニケーションを必要とし、また、多くの物件を取り扱うにも時間の制約がでてきます。そこで活用したいのが、それらを代行してくれるAirbnb・民泊運用代行サービスです。ここでは、主要なAirbnb・民泊運用代行会社を一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

民泊・Airbnb清掃代行会社の一覧・まとめ

近年、Airbnbを始めとしたバケーションレンタルサイトが増えるにつれ、Airbnb・民泊の清掃を代行するサービスの数も増えてきています。このページでは、国内の主要なAirbnb・民泊清掃代行サービスの清掃料金、洗濯料金やシーツ・タオルのリースに関してわかりやすく一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

民泊WIFIレンタルの比較・ランキング

民泊WIFIとは、民泊物件に設置することを主たる目的として提供されているモバイルWIFIルーターのレンタルサービスのことを指します。日本で民泊運用を成功させる上で、モバイルWIFIルーターの設置は必須のアイテムと言っても過言ではありません。通常のモバイルWIFIルーターを民泊用に契約することも可能ですが、最近では民泊専用のモバイルWIFIレンタルサービスを提供する会社があり、通常のモバイルWIFIよりも通信量や契約面など様々な点で多くのメリットを提供しているので、これから民泊を始めるという方はこれらの会社のサービスを活用することをおすすめします。ここでは、民泊WIFIについて詳しくご紹介します。

民泊・転貸許可物件紹介サービスのまとめ・比較

ゼロから民泊運用を始めようと思った場合、最初に必要となるのが民泊に利用できる物件探しです。既に自身の物件を保有している場合は別ですが、そうではない場合は新たに民泊用の物件を見つけ、購入するか賃貸をしなければなりません。しかし、昨今では民泊運用、民泊投資の人気が急上昇しているため、民泊・転貸許可の出ている物件を探すことが非常に困難になっています。そのため、ここではいかに民泊運用可能な物件を探すかについてご紹介します。

民泊チェックイン・本人確認サービスの一覧・まとめ

住宅宿泊事業法における民泊運営においては、民泊事業者に対し「宿泊者名簿の正確な記載を確保するための措置」として宿泊者のチェックイン時の本人確認が義務付けられました(住宅宿泊事業法第8条第1項、住宅宿泊事業法施行規則第7条第1項)。本人確認の方法は、対面で行うことはもちろん、対面と同等の手段として以下の要件をいずれも満たすICT(情報通信技術)を活用した方法等により行うことが認められています。

  • 宿泊者の顔及び旅券が画像により鮮明に確認できること
  • 当該画像が住宅宿泊事業者や住宅宿泊管理業者の営業所等、届出住宅内又は届出住宅の近傍から発信されていることが確認できること

上記を満たす方法として、届出住宅等に備え付けたテレビ電話やタブレット端末等による方法があり、さまざまな事業者が住宅宿泊事業法に対応したチェックイン・本人確認サービスを提供しています。ここでは、おすすめの民泊チェックイン・本人確認サービスをまとめましたので、民泊事業者の方はぜひ参考にしてください。

民泊保険のまとめ・比較

民泊運用には想定外のトラブルがつきものです。旅館業法や特区民泊といった許認可の有無による法的リスクはもちろんのこと、近隣住民や管理組合とのトラブルや民泊ゲストとのトラブルなど、民泊運用には多くのリスクが存在しています。民泊運用を長期的に成功させるためにはこれらのリスクを最小限に抑える必要があります。そのために、ぜひとも民泊運用のオプションとして検討したいのが民泊保険です。現状、民泊ホストが民泊運用のリスク回避のために活用できる保険サービスは非常に限定されていますので、正しい知識を基にサービスを選択しましょう。

民泊・Airbnbホスト向け確定申告のやり方・サービス

民泊の確定申告民泊は自宅の一部や全部、または空き別荘やマンションの一室などを他人に有償で貸し出す宿泊サービスです。社会的問題となっている空き家問題を解決するビジネスとして注目を集めた民泊は、2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行が決まったことで、個人であっても民泊運営を始めやすくなりました。こうした法律整備にともなって、今や民泊はサラリーマンの副業としても注目を集め始めています。

サラリーマンの方が民泊運営を始める場合には会社規定で副業が禁止されていないかなど、さまざまな注意が必要です。そのなかでも特に注意が必要なものが確定申告です。会社員の方であれば会社が年末調整をしてくれるため、馴染みがない納税の手続き。民泊運営で利益を得た場合には自分で確定申告をする必要が出てきます。

申告を忘れたり期限後に申告漏れが判明した場合には最大20%の追徴税が課されることになってしまうので、すでに民泊運営をしているホストの方はもちろん、これから民泊を始めたいという方も確定申告について知識を深めておくと良いでしょう。以下では、民泊確定申告の対象者や課税対象となる所得、書類や書類提出の流れ、MINPAKU.Biz編集部がおすすめする確定申告に役立つサービスについて紹介していきます。

Airbnb・民泊向けスマートロックのまとめ・比較

民泊を運用する際に必ず決める必要があるのが、ゲストとの鍵の受け渡し方法です。ゲストとの鍵の受け渡し方法には「直接手渡し」「郵便ポストに入れる」「鍵の受け渡しサービスを利用する」「スマートロックを活用する」など様々な方法がありますが、その中でも高いセキュリティと利便性を獲得でき、民泊にかかわる鍵の受け渡しの問題を解消したい方におすすめなのが、スマートフォンを使用して鍵の開閉操作ができる「スマートロック」を活用するという方法です。そこで、ここではMINPAKU.Biz編集部おすすめのスマートロックサービスをご紹介します。

Airbnb・民泊向け鍵の受け渡し代行サービスのまとめ・比較

民泊運用をする上で必ず考える必要があるのが、ゲストとの鍵の受け渡し方法です。ゲストとの鍵の受け渡し方法には「直接手渡し」「郵便ポストに入れる」「スマートロック」を活用するなど様々な方法がありますが、その中でも確実にゲストに鍵を受け渡し、鍵をめぐるトラブルやクレームを減らしたい方や、郵便ポストがオートロック内にある物件で民泊運用されている方におすすめなのは、鍵の受け渡し専門の代行会社を利用するという方法です。そこで、ここではMINPAKU.Biz編集部おすすめの鍵の受け渡し代行サービスをご紹介します。

プロカメラマンによる民泊物件の写真撮影代行サービス

Airbnbをはじめとする民泊サイトには、膨大な数の物件(リスティング)が掲載されています。そのなかでライバル物件と差別化を図りつつ、ゲストに好意的にアプローチするために、もっとも重要なのは「写真のクオリティ」です。しかし「いざ写真を撮影してもイマイチぴんとこない」「写真を増やしたけど予約数が増えない」とお悩みのホストの方々はたくさんいます。そこで、活用したいのが「プロカメラマンによる写真撮影代行サービス」です。物件撮影に慣れたプロカメラマンであれば、過度な演出を避けつつ、ゲストの目を惹く洗練された写真撮影をしてくれます。

民泊家具・家電レンタルサービスのまとめ・比較


新たに民泊運用を始める際、最初の一番大きな投資となるのが民泊物件に設置する家具やインテリア、家電などの費用です。リスティングページに掲載する写真やアメニティの充実を考えると家具や家電にはしっかりとお金をかけておきたいところですが、まだ予約が入るかどうかも分からず、どの程度の稼働率が期待できるかも不透明な状況で数十万の投資をするのは勇気がいるものです。そこで有効活用できるのが、民泊ホスト向けに特化した家具・家電のレンタルサービスです。ここでは、民泊専門の家具・家電レンタルサービスについてご紹介します。

民泊リノベーションのまとめ・比較

民泊リノベーションサービス民泊リノベーションサービスでは、空き家となった家を民泊として利用したいという個人のニーズから、オフィスビルやマンションを丸ごとリノベーションして旅館業法を取得、民泊サイト以外のOTAを活用した集客を実現したいといった法人のニーズにまで応えてくれます。民泊リノベーションは、すでに保有している物件はもちろん、中古物件をさらに高稼働・高収益の物件として民泊運用したい場合にも大変おすすめです。

民泊運用の稼働率を上げるうえで外せないのは、訪日外国人のニーズを満たす写真映えのする美しい内装の物件です。今後、民泊解禁に伴う大手企業の参入などにより民泊物件の急増し、売上や稼働率が落ちてしまうリスクを考慮すると、ご自身の部屋にしかない付加価値を今のうちから高めていくことが必要です。

Airbnb・民泊向け内装フィルム

新たに民泊運用を始める際に、最初の投資となるのが民泊物件の内装です。民泊運用開始後の予約率・稼働率を上げる上で、訪日外国人のニーズに合った内装の充実が重要となります。ゲストは部屋を予約する際、リスティングページに掲載されている内装写真を必ず確認します。たとえ立地がいい物件であっても、内装が良くなければゲストの予約にはつながりません。ゲストが思わず泊まりたくなるような内装に仕上げることが物件の稼働率に直接関わってくるので、長期的な収益の最大化には内装への投資が重要となります。しかし、どのような内装に仕上げれば訪日外国人をはじめとするゲストの予約につながるのかわからない、という方におすすめなのが、壁紙の上に貼るだけでガラリと印象を変えることができる「内装フィルム」を利用する方法です。ここではMINPAKU.Biz編集部おすすめの内装フィルムをご紹介します。

オウンドメディア運用支援会社の一覧・まとめ

民泊運用の収益を最大化するうえで鍵を握るのが、いかに宿泊施設の集客力を高めるかという点です。施設の集客力を高めるためには民泊仲介サイトやOTA(オンライン旅行予約サイト)など複数の集客チャネルを活用し、良質な口コミを獲得していくことが重要です。しかし、最近ではそうした外部の集客サイトに依存せず、自社で独自に集客導線を構築し、より利益率の高い施設運営を実現する方も増えてきています。ここでは、そのような独自の集客導線の構築を支援してくれる会社をご紹介します。

サービスアパートメント(マンスリーマンション)の比較・まとめ

民泊運用をお考えの方の中には、住宅宿泊事業法(民泊新法)を活用して物件を貸し出すことをご検討されている方も多いのではないでしょうか。旅館業法の許認可がなくても届出だけで民泊運用が可能な住宅宿泊事業法はとても便利な仕組みですが、一方で年間最大営業日数が180日までという制限があり、事業性の観点から考えるとこの営業日数上限がネックとなっています。そこでおすすめできるのが、サービスアパートメントやマンスリーマンションとして物件を貸し出すという方法です。サービスアパートメントやマンスリーマンションと民泊を組み合わせることで、民泊新法のメリットを上手く活かしつつ営業日数上限のデメリットを補いながら、物件運用による収益最大化を目指すことができます。そこで、ここではサービスアパートメント・マンスリーマンションを活用した民泊運用について詳しくご紹介します。

民泊向けサイトコントローラーの一覧・まとめ

サイトコントローラーとは、AirbnbやBooking.com、じゃらん、楽天トラベル、一休.com、Reluxといった宿泊予約サイトやPMS(プロパティ・マネジメント・システム)での予約状況を一元管理できるオンラインシステムをいいます。主な機能として、在庫や料金管理、料金ランク設定、予約管理、データ分析などを搭載し、宿泊予約の状況管理や業務工数の削減に役立つことから、数多くの宿泊事業者に利用されています。サイトコントローラーを利用することで、民泊事業者はパソコンやタブレット、スマートフォンから簡単に複数サイトの宿泊予約管理が可能です。

民泊向け運用管理ツールの一覧・まとめ

運用管理ツールとは、宿泊価格の調整や清掃管理、メッセージの送受信、複数の宿泊予約サイトの一括管理などの機能を備えた民泊運用を効率化するクラウドサービスです。民泊とマンスリーのハイブリッド運用に対応しているものや、メッセージの送受信に特化したものなどさまざまです。1週間から1ヶ月の無料トライアル期間が設けられていることが多く、複数の運用管理ツールを実際に試してから選ぶことができます。

民泊開業支援サービスの一覧・まとめ

民泊を開業するには、住宅宿泊事業法、国家戦略特区における特区民泊、旅館業法(簡易宿所)のいずれかの許認可を得る必要があります。しかし申請には複雑な書類作成や手続きが必要となり、個人の事業者の方にとって簡単な作業ではありません。そこで登場したのが民泊開業支援サービスです。依頼すると民泊開業のノウハウをもつプロに、届出に必要な書類作成や手続き、開業後の運営のサポートや代行を任せることができます。初めて民泊を開業する方や、開業経験はあるものの新法の手続きや運用方法がわからないなどの悩みをもつ事業者の方はぜひ利用したいサービスです。ここでは、おすすめの民泊開業支援サービスをまとめましたので、参考にしてください。

民泊・宿泊事業者向けインバウンド対応支援サービス

Airbnbを始めとしたバケーションレンタルサイトの実際の運用の際には、外国語でのコミュニケーションや宿泊施設としてのオペレーションが障害になりがちです。多くの宿泊ゲストは英語でのコミュニケーションを必要とし、また、多くの物件を取り扱うにも時間の制約がでてきます。そこで活用したいのが、それらを支援してくれるインバウンド対応支援サービスです。ここでは、運用支援に役立つサービスを掲載していますので、ぜひ参考にしてください。