チェックアウト後の荷物預かり依頼へのおすすめ対応方法

民泊ホストをやっているとよくゲストから依頼されることが多いのが、チェックアウト後の荷物預かりです。ホテルなどでは当たり前のサービスですし、チェックアウトしてからも飛行機の時間まではなるべく手ぶらで観光を楽しみたいゲストは多いですから、気持ちは分かります。この場合、ホストとしてはどのように対応すればよいのでしょうか?

もし荷物の預かりを頼まれたら、基本的には依頼を受けないことをおすすめします。特にチェックアウトとチェックインが同日に入っている場合は、清掃会社がチェックアウト後にすぐに部屋の清掃に入ることになりますので、その際に荷物が置いてあると清掃の邪魔になってしまいます。

同日にチェックインがない場合は、善意で荷物を預かってもよいと思いますが、そうした善意が後々トラブルにつながることもありますので、極力は断るようにしましょう。その代わりに、「近くのコインロッカーや荷物預かり所の場所が分かる地図を置いておく」などして、ゲストがチェックアウト後にスムーズに荷物を預けられるようナビゲートしてあげるのがよいでしょう。

(MINPAKU.Biz 編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も