テラハクとは・意味

テラハクとは、株式会社和空が2018年7月に開始した、寺社への宿泊や体験を利用者に提供することで地方創生に貢献することを目的としたサービスをいいます。

テラハクの利用者は寺社・宿坊への宿泊体験を通じて、寺の本堂や仏像、庭園、四季折々の自然や景観、近隣の名所旧跡を観ることができるだけでなく、さまざまな修行体験や文化体験、住職や地元住民との交流等をとおし、日本文化や地域の魅力を体感することができます。

例えば、テラハクに登録している日本天台三本山のひとつである滋賀県大津市の「三井寺」(園城寺)では、寺社の文化財鑑賞、山伏体験、座禅体験、写経・写仏体験、ビーズブレスレット(腕輪念珠)作りなどの特別な体験ができます。

和空は2017年6月にはテラハクを日本国内向けのサービスとして公表していましたが、2018年3月にはAirbnbと業務提携、5月にはBooking.com(ブッキング・ドットコム)の日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社とパートナーシップ契約を締結、7月には楽天LIFULL STAY株式会社と業務提携をしており、国内ゲストに限らずインバウンド旅行客まで対象を広げています。

テラハクは宿坊に宿泊できる点で海外メディアでも多く報じられており、今後の展開が注目されます。

【サービスサイト】テラハク
【コーポレートサイト】株式会社和空

テラハクの最新情報

民泊関連用語の一覧