住宅宿泊協会(JAVR)とは・意味

住宅宿泊協会(Japan Association of Vacation Rental、通称JAVR)とは、主要宿泊仲介業者・旅行業者による住宅宿泊事業を推進する業界団体です。2019年1月の設立が予定されています。

同会は設立の趣旨として「住宅宿泊・バケーションレンタル事業(住宅宿泊事業、住宅施設等を活用した旅館業、国家戦略特区を用いた住宅宿泊・バケーションレンタル、住宅宿泊仲介業、他の関連事業も含む)の健全な発展に寄与するため」「同事業の適正な運営の確保及び同事業の認知向上、制度環境の整備等に向けた活動に取組むことを通じて我が国の観光産業の発展に貢献していく」ことを掲げています。

2018年12月11日時点で同協会の理事にはAgoda International Japan株式会社、Airbnb、株式会社Ctrip International Travel Japan、株式会社スペースマーケット、途家在線信息技術(北京)有限公司、株式会社百戦錬磨、Booking.com Japan株式会社、HomeAway株式会社、楽天LIFULL STAY株式会社の9社の各代表が就任し、代表理事は株式会社百戦錬磨代表取締役社長の上山康博氏、HomeAway株式会社日本支社長の木村奈津子氏が選任されました。

また、今後予定されている活動内容は4領域に分けられ、第1領域「一般に向けた健全な住宅宿泊・バケーションレンタル事業の普及に向けた広報、啓発活動」、第2領域「ホスト・管理者・ゲスト等に向けた教育、研修活動」、第3領域「仲介事業者に向けた活動」、第4領域「政府・自治体・国会等の政策関係者に向けた活動」とされています。

同協会の設立当初は第3領域と第4領域に注力し、仲介業者間の情報交換や違法民泊物件の情報共有の仕組みの検討等を経て、違法民泊の撲滅を進め、その後、注力領域を第1領域と第2領域にシフトする考えを示しています。

住宅宿泊協会(JAVR)の最新情報

民泊関連用語の一覧