イベントホームステイ(イベント民泊)とは・意味

イベントホームステイ(イベント民泊)とは、「年数回程度(1 回当たり2~3日程度)のイベント開催時であって、宿泊施設の不足が見込まれること、又はホームステイでの宿泊体験を通して、地域の人々と旅行者の交流を創出する地方創生の観点から、開催地の自治体の要請等により自宅を提供するような公共性の高いもの」について、「旅館業」に該当しないものとして取り扱い、自宅提供者において、旅館業法に基づく営業許可なく、宿泊サービスを提供することを可能とする仕組みをいいます。

観光庁と厚生労働省は2019年12月25日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等のイベントの機会に、ホームステイを通した住民と旅行者との交流を促進するため、イベント民泊ガイドラインを改訂しました。これにより、「イベント民泊」の通称が「イベントホームステイ(イベント民泊)」に変更されました。また、イベント民泊を実施できる場合として、「宿泊施設の不足が見込まれる」場合のほか、「ホームステイでの宿泊体験を通して、地域の人々と旅行者の交流を創出する」場合が追加されました。

【関連項目】イベント民泊に関連する記事一覧
【参照ページ】イベント民泊ガイドライン(イベントホームステイガイドライン)
【参照ページ】イベントホームステイ(イベント民泊)実施状況

イベント民泊の最新情報

民泊関連用語の一覧