グローバルサイトに移行したHomeAway(ホームアウェイ)に民泊を登録するメリット

世界最大手の民泊仲介サイトとして知られる「Airbnb」設立前の2005年、アメリカ・テキサス州のオースティンでバケーションレンタルサイト「HomeAway(ホームアウェイ)」が誕生しました。設立以降、急速にユーザー数を拡大し、アメリカやイギリス、フランス、ドイツ、ブラジル、オーストラリア、シンガポールなど、各地でバケーションレンタルサービスを買収し、その後、2015年12月にオンライン旅行予約世界最大手のExpedia Group(エクスペディアグループ)に仲間入りしました。

そして、2019年3月、ホームアウェイの日本向けウェブサイトはグローバルサイトへの移行を果たしました。これにより、大幅に機能が改善し、ゲスト・ホスト双方にとって使いやすいウェブサイトになり、日本でも利用者数を伸ばしています。ここでは、民泊ホストがホームアウェイに登録するメリットをご紹介します。

エクスペディアグループならではの圧倒的な集客力、特に欧米に強い

ホームアウェイは2019年4月時点で世界190ヶ国、200万件以上の物件を掲載し、毎月4,000万人以上の旅行者にリーチできる世界最大級のバケーションレンタルサイトとなっています。日本版がグローバルのウェブサイトへの移行を果たしたことで、検索できる物件数が大幅に増え、ホストの販路も大幅に拡大しました。

なんといってもホスト側の最大のメリットは、エクスペディアグループならではの圧倒的な集客力を活用できる点です。ホストとしてホームアウェイに物件を掲載すると、ホームアウェイを利用する全世界の月間ユニークユーザー約4,000万人に物件をアピールできます。さらに、ホームアウェイは航空会社や比較サイトなど、巨大なウェブサイトともパートナーシップを組んでいます。

ゲストは国内外200万件以上の物件の中から希望する条件に合った物件を簡単に見つけることができるようになり、ホストは特に欧米のゲストを中心とした稼働率アップが期待できるのは大きなメリットです。

「一棟まるごと貸切物件」「家主不在型物件」に特化、ファミリー・グループの集客に強い

ホームアウェイは、ファミリーやグループが利用しやすい「一棟まるごと貸切物件」「家主不在型物件」に特化しています。バケーションレンタルを利用した旅行者からの満足度は高く、82%がまた利用したいと回答しています。

ホテルの掲載を中心としたOTAでは、アメニティの種類やアクセスなど、決められた項目をホストにチェックしてもらい、テンプレートに基づいて掲載するのが一般的です。しかし、ホームアウェイの場合は、例えば、ホストや物件の歴史、物件周辺の魅力、アクセスなどを自由に書くことができます。

バケーションレンタルの場合、ホテルと違い個人所有のユニークな物件も多いため、ゲストにあわせてアピールできるのは大きなメリットです。ファミリー・グループの利用のため、キッチンの機材、ベッドの数や大きさやプライベートスペースの確保、周辺のプレイスポットなどについて詳しく書くことでさらに集客につなげることができます。

ゲスト・ホスト双方が使いやすいサイトに随時アップデート

ホームアウェイではテクノロジーに継続的に大きな投資をしています。ファミリーやグループに特化していることもあり、4人以上で旅行するとき、どのような機能があれば、より魅力あるバケーションレンタルの物件を簡単に見つけることができるか、テストやリサーチを実施しています。そして、それらの結果をもとに機能を随時アップデートしているため、継続的な集客が期待できます。ここでは、集客効果向上につながっている魅力ある新機能についてみていきます。

多言語自動翻訳

多言語自動翻訳は大きなアップデートの一つです。日本語で物件詳細を書く場合でも全世界の主要な言語に自動で翻訳されるようになりました。もちろん、用意した多言語の文章を表示することもできます。これにより、全世界のホームアウェイ利用者がさらに日本の物件を予約しやすくなりました。

トリップボード

「トリップボード」は、宿泊施設を探している間に気になる宿泊施設を選択すると、まとめることができ、それらの宿泊施設を数名で見て、コメントをつけ、宿泊予約までできる機能です。トリップボードの内容はシェアすることができるため、例えば、別々の場所に住んでいる友人同士で旅行先の宿泊施設を決める場合に、メッセージツールで宿泊施設のリンクを送り、意見を出し合って決める手間をかけずに、簡単に予約できるようになっています。

トリップボード画面

トリップボード画面

絞り込み検索機能

絞り込み検索機能では、特に料金設定や物件タイプを細かく指定できるようになり、希望通りの宿泊施設を選びやすくなりました。

絞り込み検索画面

物件タイプやロケーションなど複数項目から絞り込みができるように

「予約成立・不成立」フィード

ホームアウェイのゲストが宿泊施設の情報を閲覧してから、ホームアウェイに掲載されている他の宿泊施設に予約した場合、ホストに予約が入った他の宿泊施設の情報を知らせる機能です。これによりホストは予約が入った他の宿泊施設と、閲覧されたものの予約につながらなかった運営中の宿泊施設を比較することができ、予約が入らなかった要因を探ることができます。

料金設定・デポジット機能の改善

料金の設定が細かくできるようになったほか、これまでは何らかのトラブルが発生した場合のデポジットについて、オフラインではなくオンラインで請求できるようになりました。

「ホームアウェイ」を活用しよう

サイトの動作のスピードもあがり使いやすくなった「ホームアウェイ」。ホストにとっては、販路が広がり、自動翻訳機能の追加や、簡単に各項目を設定できるようになったことで、多くの世界のユーザーから検索されやすくなったのは大きなメリットです。ぜひ「ホームアウェイ」を活用して、より多くのゲストの集客につなげてみてください。

【公式ウェブサイト】ホームアウェイ | 民泊予約 : ヴィラ、コテージ、ロッジ、アパート等
【関連ページ】HomeAway(ホームアウェイ)

(MINPAKU.Biz編集部)

homeaway