自宅の売却は仲介と買取どちらを選ぶ?不動産売却のポイント5つ

自宅の売却を検討する際、不動産会社に仲介を依頼して買主を探す場合と、不動産会社に買主として物件を買い取ってもらう買取という二つのパターンがあります。

それぞれメリット・デメリットがあり、どちらがいいか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか?

今回は自宅の売却を検討している方向けに、仲介か買取か判断する際のポイントについて解説します。

1.自宅売却で仲介と買取を判断する5つのポイント

自宅を仲介で売却する場合は、不動産の専門家である不動産会社に依頼して買主を探してもらいます。しかし、不動産会社の中には、仲介だけでなく買取にも対応している不動産会社があります。

買取とは買主を探すのではなく、不動産会社が自ら買主となる売却方法です。不動産会社は買い取った物件を保有し、保有期間中に新たな買主を探したり、リフォームなどを加えて物件を売却します。

売主は仲介よりも速やかに自宅を売却できるため、双方にとってメリットのある売却方法と言えます。しかし買取の場合、仲介で売却した際よりも2~3割ほど安く売却してしまうデメリットがあります。仲介か買取かを検討する際には慎重に検討するのが良いでしょう。

仲介と買取のどちらを選ぶか判断する際のポイントとして以下の5つが挙げられます。

  1. 自宅の売却を急いでいる場合
  2. 自宅の売却益を新居の購入資金にする場合
  3. 自宅をできるだけ高く売却したい場合
  4. 自宅が売出中であることを知られたくない場合
  5. 売却にかかるコストを抑えたい場合

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1-1.自宅の売却を急いでいる場合

買取のメリットの一つに、買主からの買付を待たずに早期売却できる点が挙げられます。売却を急いでいない場合はこのメリットを受ける必要がないため、仲介での売却を優先して検討して良いでしょう。

一方、「転勤で離れるため遠隔の売却になる」「早急に現金化する必要がある」などの理由で自宅を売却する場合、仲介の売却活動が思うように進まず、売却が長期化してしまう可能性があります。引っ越しによる売却手続きの手間がある、売却の期限が決まっている場合は、早期売却のために買取が検討できます。

また、不動産会社によっては、まず仲介で買主を探し、期限までに買主が見つからない場合に買取を行うケースもあります。各不動産会社で対応は異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

1-2.自宅の売却益を新居の購入資金にする場合

自宅の売却益を新居の購入資金に充てる場合、期間内に売却がしやすい買取を検討しても良いでしょう。戸建住宅やマンションを購入する際に、住宅ローンの頭金や不動産会社への仲介手数料が必要になるためです。

新しい住まいが賃貸住宅である、頭金を支払える程度の資金が手元にあるなど、売却益を新居の購入資金に充てないのであれば仲介を検討しましょう。

また買取を選んだとしても、不動産会社が金融機関の融資を利用する場合は引渡しが完了するまでに1~3か月ほどの日数がかかります。買取を選ぶ場合でも余裕を持って契約に臨みましょう。

1-3.自宅をできるだけ高く売却したい場合

物件の買取価格は不動産会社によって異なりますが、仲介時の2~3割ほど安くなる傾向があります。そのため、少しでも自宅を高く売却したいのであれば、買取よりも仲介を選んだ方が良いと言えるでしょう。

また、自宅を高く売却するため、仲介・買取、どちらの場合でも複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。1社だけに査定を依頼した場合、査定結果を他社と比較することが出来ないためです。

不動産一括査定サイトなどを利用し、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

1-4.自宅が売出中であることを知られたくない場合

不動産会社に仲介を依頼すると、不動産会社は自社の顧客に買主がいない場合、ネットや紙媒体などの広告を利用します。

そのため、自宅を売りに出していることを周囲の方に知られてしまうことがあります。しかし、買取を選んだ場合には、不動産会社が募集広告を行うのは買い取った後になるため、売出期間中の動向を知られずに売却することが可能です。

仲介の場合、売出期間中の価格、値下げ、売却の可否などの情報がネット上に出ることになります。プライバシーの観点から周囲に知られたくない方は買取を検討しても良いでしょう。

1-5.自宅売却で発生するコストを抑えたい場合

自宅買取の場合、不動産会社が買主となるため仲介がなく、仲介手数料が発生しません。また、買取はスムーズに売買が成立するため、買主が見つかるまでの固定資産税や諸経費のコストを抑えることが可能です。

数百万円の戸建て売却の場合、仲介手数料を加味すると買取と仲介の額に大きな差が生じないケースもあります。売却までの期間、希望価格、売却にかかる経費などを総合的に判断し、買取か仲介か判断すると良いでしょう。

まとめ

自宅の売却方法には、仲介と売却の2つがあります。仲介は自宅を高く売却できるというメリットがある一方、なかなか買主が見つからない可能性があります。

一方、買取はすぐに売却が出来る可能性が高くなりますが、買取価格が周辺相場よりも安くなる傾向がありますので、注意しましょう。

このように仲介・買取ともにメリットとデメリットがあるため、どちらか一方が良いと言い切れるものではありません。仲介か買取かを判断する際は、この記事に記載されている5つのポイントを押さえながら判断すると良いでしょう。

※この記事は金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」より転載された記事です。
【元記事】https://hedge.guide/feature/home-mediation-purchase-5-points.html

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も