【バケーションレンタルEXPO 2017】日本橋くるみ行政書士事務所・石井くるみ氏インタビュー

バケーションレンタルEXPO出展企業「日本橋くるみ行政書士事務所」

MINPAKU.Biz 編集部では、2017年5月27日に新宿NSビルで開催された「バケーションレンタルEXPO」にて、ブース出展をされていた日本橋くるみ行政書士事務所の代表を務める石井くるみ氏にインタビューをしてきました。民泊許認可支援の第一人者として知られ、数々のメディア出演・講演実績を持つ石井氏に、現状の民泊市場やサービス内容についてお伺いしました。

日本橋くるみ行政書士事務所とは?

日本橋くるみ行政書士事務所は、民泊ビジネス参入に向けたリフォーム・許可取得・運用管理・融資の支援をワンストップで提供している行政書士事務所です。民泊許認可取得における豊富な実績とノウハウを強みに数多くの民泊事業者を支援しているほか、石井氏が代表を務める株式会社くるみんぱくでは、健全な民泊の普及を目指して民泊に関する研修企画や寄稿執筆、調査研究などの啓発活動、民泊経営コンサルティングサービスも提供しています。

バケーションレンタルEXPOブースインタビュー

Q:最初に簡単に自己紹介と日本橋くるみ行政書士事務所について教えてください。
東京都中央区で行政書士事務所をしております。もともとは宅建業や建設業の許認可をやっていたのですが、最近は民泊の許可や旅館業の許可申請のご依頼をいただくことが多いです。

Q:民泊に関する法律も変化が激しいなか、最近だとどのような相談が多いですか?
家やマンションなど持っている物件で許可を取りたいというお話は以前から非常に多いですが、最近は新築で建てたいという方のプラン設計や、新法が話題になっておりますので民泊についてのコンサルティングをしてもらいたいというご依頼が多いです。

Q:民泊新法制定・施行後の見通しと今後の展開について教えてください。
民泊の制度としては旅館業、特区があり、そして今度は新法も始まります。他にも農家民宿やイベント民泊など色々とありますので、その物件の立地や目的、どれくらい収益が欲しいかなどに応じて最適なソリューションをご提供できればと考えております。

Q:最後に民泊ホストの方々に向けてメッセージをお願いします。
長らく民泊市場はカオスな状態だったのですが、民泊新法が成立・施行されればようやく制度が整いますので、今までなかなか参入するのに躊躇されていた方もぜひご相談いただければと思います。

日本橋くるみ行政書士事務所の概要

会社名 日本橋くるみ行政書士事務所
本社所在地 東京都中央区日本橋兜町17-2 兜町第6葉山ビル4階
サービス内容 民泊許認可取得支援
URL http://kurumigyosei.com/

日本橋くるみ行政書士事務所に興味をお持ちの方へ

日本橋くるみ行政書士事務所のサービスに興味をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。