【バケーションレンタルEXPO 2017】BnB Insight・盛次経王氏インタビュー

バケーションレンタルEXPO出展企業「BnB Insight」

MINPAKU.Biz 編集部では、2017年5月27日に新宿NSビルで開催された「バケーションレンタルEXPO」にて、ブース出展をされていた民泊データ分析サービス「BnB Insight」の開発を手がける盛次経王氏にインタビューをしてきました!民泊に参入する事業者が増える中、民泊投資の意思決定精度を高めるためのデータに対するニーズは高まっています。今回はBnB Insightのサービス内容について伺いました。

BnB Insightとは?

BnB Insightは、2016年5月に提供を開始した民泊データ分析サービスです。民泊投資に役立つ収益予測や競合分析、エリア別の民泊稼働状況が分かる地域別レポートなどを提供しています。2017年2月には企業向けの民泊分析ダッシュボード「BnB Insight Pro」もリリース。民泊ホストはもちろん民泊代行会社や不動産仲介会社、コンサルティングファームやシンクタンク、ホテル事業者、地方自治体など様々なステークホルダーに対して民泊関連データを提供しています。

バケーションレンタルEXPOブースインタビュー

Q:最初に簡単に自己紹介とBnB Insightについて教えてください。
盛次と申します。弊社はBnB Insight Proというサービスを展開しています。例えば渋谷駅から半径500m、1km以内など指定の地域 エリアを選んでいただくだけでAirbnbに掲載されている物件のデータを細かく見ることができます。宿泊単価やアメニティといった細かいデータを可視化するツールを販売しております。

Q:複数のデータサービスがあるなかで、BnB Insightの強みは?
まず、実際にAirbnbに表示されている金額をそのまま出しているわけではなく、運営代行会社様と連携しながら実際のデータを基にしてシミュレーションに入れる値を決定しています。また、清掃料金や追加人数なども実際のデータに即したシミュレーション値を当てはめているため、実際に運用した際に近い料金になっているのではないかなと思います。

Q:民泊新法の施行も見据え、今後の展開を教えてください。
今はAirbnbのデータのみの提供となっていますが、HomeAwayやFlipKeyなど横展開するとともに、現在のデータ収集の精度を高めることで本当に精度の高いシミュレーターに改善していきたいなと思います。

Q:最後に民泊ホストの方々に向けてメッセージをお願いします。
データツールのなかで精度をウリにしているところはなかなか数が見当たらないのですが、弊社のサービスは精度とクロール頻度の高い取得データとリアルデータなどを組み合わせることで非常に精度の高いデータを提供できると思いますので、ぜひ使っていただきたいと思います。

BnB Insightの概要

会社名 株式会社ゴーリスト/ハーチ株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田須田町1-18アーバンスクエア神田ビル2F/東京都中央区日本橋富沢町10-13 &WORK NIHONBASHI 503
サービス名 BnB Insight(オンライン民泊データ販売)
BnB Insight Pro(データ分析ダッシュボード)
サービス内容 民泊データ分析
URL https://bnbinsight.com/

BnB Insightに興味をお持ちの方へ

BnB Insightのサービスに興味をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。