民泊・Airbnbホスト向け確定申告サービスのまとめ・比較

民泊の確定申告

民泊ホストの皆様、確定申告の準備をしていますか?民泊によって得た利益は所得税の課税対象となるため、民泊ホストは原則として確定申告をする必要があります。確定申告と聞くと、「とにかく事務作業が多く大変」と感じる方も多いでしょう。そこで、ここでは民泊ホストの皆様向けにMINPAKU.Bizがおすすめする確定申告サービスついてご紹介します。

そもそも確定申告とは?

確定申告は、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費の寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署に提出して納付する所得税額を確定することです。通常のサラリーマンの場合、年末調整によって税金を調整してもらうことができますが、副業として民泊ホストをしていて2ヶ所以上から収入がある場合は注意が必要です。民泊によって得た利益は所得税の課税対象となるため、民泊を運営している場合は確定申告が必要となることを覚えておきましょう。

確定申告の対象となる民泊ホストは?

確定申告の対象となるのは「民泊運営の所得金額が20万円を超える」すべての民泊ホストです。ここで注意する必要があるのは、確定申告の対象となるのは「所得金額」ですので、実際の民泊収入から経費を差し引いた額のみが対象になることです。確定申告を忘れてしまうと、追加徴税を受けて本来の納税額以上に金額を納税することになるので注意が必要です。本業の傍らに副業として民泊を運営している方の中には、確定申告の対象とならない範囲の収益しか生まれてないという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、今確定申告が必要のない民泊ホストであっても、民泊運営が軌道に乗ってくれば確定申告が必要となってくることになりますので、あらかじめ確定申告についての理解を深めておくことがおすすめです。

民泊はどの所得に該当するの?

確定申告は所得税を納めるためのものですが、所得税には10種類の分類があり、種類によって計算方法が異なってくるので、民泊の所得がどの所得に分類されるかを知っておく必要がります。10種類のうち、民泊の所得は「不動産所得」「事業所得」「雑所得」の3種類のいずれかになります。不動産所得は、土地や建物を貸し付けることによって得る所得です。民泊の収益を賃貸契約による賃貸料として受け取った場合は、不動産所得として確定申告を行うことになります。事業所得は、反復性や継続性、対価性を以って事業活動を行う場合に該当する所得ですので、事業の一環として民泊を行う場合には事業所得として確定申告を行います。雑所得は、雑所得を除く所得税9種類に当てはまらない所得に適用する所得です。

おすすめの確定申告の方法

確定申告をするには、領収書やレシート・明細書をはじめとする申告に必要な書類を集めておいて申告書を作成していく必要がありますが、以下のような悩みをお持ちの民泊ホストの方も多いのではないでしょうか?

  • 確定申告をしたことがなく帳簿の書き方が分からない
  • 簿記の知識がなく正しく会計処理ができるか不安
  • 勘定科目や仕分け修正にかかる時間を削減したい
  • 入出金を管理する時間を削減したい
  • 記帳漏れがないか不安
  • 確定申告業務を代行してほしい
  • 節税に関するアドバイスがもらいたい

このような悩みをお持ちの民泊ホストの方におすすめな2つの方法を以下で紹介していきます。

ご自身で手軽に確定申告を進めたい方におすすめなクラウド確定申告

民泊ホストが確定申告をする方法の中でポピュラー・手軽な方法は、クラウド確定申告ソフトを利用する方法です。以下では、クラウド確定申告ソフトを利用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 入出金データを自動で取得して帳簿作成してくれる
  • 税制が変わるたびに税制についての情報をキャッチアップする必要がない
  • データをクラウドに自動でバックアップ
  • 無料のサポートが利用できる

それぞれのポイントについて簡単に説明していきます。

入出金データを自動で取得して帳簿作成してくれる

銀行やクレジットカードと連携することで、自動で明細から帳簿を作成してくれます。また、経理・簿記の知識がなくても勘定科目を自動で提案してくれるので簡単に決算書を作成することができます。クラウド会計ソフトを使うことで、経理に使う時間を削減できるため、本来時間をかけるべき民泊運営に時間をかけることができることは一番のメリットでしょう。

税制が変わるたびに税制についての情報をキャッチアップする必要がない

クラウド確定ソフトは常に最新の税制にアップデートされているため、従来の会計ソフトのように追加料金やアップデートの必要がありません。簡易課税・本則課税や、消費税の増税にも対応することが明言されているので、税制の変更があっても安心して利用することができる点は大きなメリットだと言えます。

データをクラウドに自動でバックアップ

個人で事業を行っている方は、収入金額や必要経費を記載した帳簿を7年間、業務に関して作成したその他の帳簿を5年間保存しておく必要がありますが、クラウド確定申告ソフトでは、データを保管しているのでホストの皆様が自分でバックアップを取る必要がありません。

無料のサポートが利用できる

クラウド確定申告ソフトではメールサポートを無料で利用することができ、無料期間中であっても丁寧にサポートしてくれる体制が整っています。また、有料プランを契約するとチャットや電話でのサポートを受けることもできるので、クラウド確定申告ソフトの使い方が不安な人でも安心して利用することができます。

民泊ビジネスの確定申告に対応できるおすすめのクラウド確定申告ソフト

クラウド確定申告ソフトをうまく活用することで、経理にかかる時間を効率化し民泊運用の時間にあてることができます。ここでは、MINPAKU.Bizがおすすめする民泊ホストの方向けのクラウド確定申告ソフトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

freee

クラウド会計ソフトfreeefreeeは株式会社freeeが提供するクラウド会計ソフトです。freeeでは、簿記の知識がなくても取引明細から自動で読み取り帳簿・仕訳をしてくれるので、本業の傍らで民泊運営をしているホストの方であっても、経理や財務の処理に追われることなく本当にやりたいことに集中することができます。青色申告に対応していることはもちろん、スマートフォンを使っていつでもどこでも簡単に経理ができる手軽さも魅力のサービスです。また、税理士や会計士と協力して日々の経理だけでなく、決算・申告を効率化するといった本格的な利用も可能です。無料から始めることができ、低価格で利用を開始できるため、確定申告が必要ないホストであっても民泊ビジネスの収支を見るためだけに活用することもできる大変おすすめなサービスです。


MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告MFクラウド確定申告は株式会社マネーフォワードが提供する会計ソフトです。MFクラウド確定申告では、明細データを自動で取得し仕訳も自動でしてくれるので、これまで時間がかかっていた会計業務を短縮することができます。使い方ガイドや無料のサポートが充実しているので初心者はもちろん、他社会計ソフトを使用しているデータをインポートしてスムーズに移行もできるため、初心者も経験者も安心して使うことができるサービスです。税務や確定申告でお悩みの方にはMFクラウドに詳しい税理士を紹介サービスも提供していたり、スマホアプリで時間・場所を問わず利用することもできるなど、機能が充実していることが特徴です。帳簿作成にかかっていた時間を削減して民泊運営に集中したいという方や、タイムリーに会計情報・財務状況を把握したいという方には大変おすすめなサービスです。

確定申告を丸投げしたい方は税理士に頼むのもおすすめ

確定申告はクラウド会計ソフトを利用してご自身で申告することも可能ですが、なかには煩雑な記帳業務を代行してもらいたいという民泊ホストの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが税理士紹介サイトを利用して税理士に確定申告の代行をお願いする方法です。以下では、確定申告を税理士に依頼する時のメリットについて見ていきましょう。

  • 正確な会計帳簿及び確定申告書を作成できる
  • 経理業務を一任できるので民泊運営に集中できる
  • 節税に関するアドバイスがもらえる
  • 経営に関するアドバイスがもらえる

それぞれのポイントについて説明していきます。

正確な会計帳簿及び確定申告書を作成できる

税理士は会計帳簿の作成の専門家ですので、確定申告書の作成にあたって法律の規定に沿った正確な会計書類や税務書類を作成してくれます。個人で確定申告をする場合には気をつける必要がある申告漏れの心配をする必要がないことが、税理士に確定申告代行を依頼する一番のメリットです。

経理業務を一任できるので民泊運営に集中できる

クラウド確定申告ソフトを利用しても、どうしても領収書の保存や最低限の入力といった経理業務は必要になってきます。ですが、税理士に確定申告の代行を依頼する場合、現金出納帳の照合さえしておけば領収書の整理から帳簿付け、申告までしてもらうことも可能ですので、本来集中すべき民泊運営に注力することができます。

節税に関するアドバイスがもらえる

税理士に支払う報酬は事業の一環として事業の経費にすることが可能ですが、税理士に確定申告代行を依頼することによってこうした初歩的な節税に関するアドバイスがもらえるだけでなく、所得税や消費税に関するさまざまな特例についてアドバイスをもらうことができることも税理士に確定申告を代行してもらうメリットの一つと言えます。

経営に関するアドバイスがもらえる

最近では、税理士事務所であってもコンサルティングのようなサービスまで提供してくれることが一般的です。ビジネスを継続していく上で欠かすことができない、現金を最大限残すためにはどうすれば良いのか?現金を残す節税と残さない節税をどのように使い分けるか?といったビジネスを拡大させていくアドバイスをもらうことができることが確定申告代行サービスならではの特徴です。

民泊確定申告を代行してくれる税理士の探し方

実際にどのように税理士を探せばいいか分からないという方も少なくないのではないでしょうか?そこで、ここでは民泊ビジネスを始めたばかりの方から節税の対策を考えている方まで、幅広く民泊ホストの方をサポートしてくれるがおすすめする税理士紹介サイトを2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。下記のサイトはいずれも無料で利用できますし、一度の紹介で自分と相性の合う税理士が見つかるとは限らないので、まずは両方のサイトで相談してみると良いでしょう。

税理士ドットコム

税理士紹介ドットコム税理士ドットコムは、弁護士ドットコム株式会社が運営する無料の税理士紹介サービスです。2013年3月〜2014年3月の実績で約70%のユーザーの顧問報酬を引き下げた実績もあり、既に税理士に確定申告代行を依頼していて見直しを考えているという民泊ホストの方におすすめのサービスです。また、税理士ドットコムはマザーズ上場企業が運営する唯一の税理士紹介サービスなので、本当に信頼できる税理士を探したい民泊ホストの方におすすめのサービスです。


税理士紹介エージェント

税理士紹介エージェント税理士紹介エージェントは、パスクリエイト株式会社が運営する民泊事業を始めたばかりの方や節税を検討している方に特化した税理士を紹介してくれる税理士紹介サービスです。税理士紹介エージェントは、大手税理士法人から独立した実力のある税理士が多く在籍している上に、希望の税理士が見つかるまで無料で利用できるので、まだ税理士に確定申告代行を依頼したことがないという方におすすめのサービスです。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件探しは民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数2,000件以上。非公開物件メール配信

民泊データはBnB Insight

bnb_recoAirbnb・民泊データ分析の決定版。民泊物件の収益予測、競合物件の稼働率・売上が丸わかり

minpaku_minshuku_kyokai