TAG 海外ニュース

民泊コラム

Airbnbがアメリカのスタートアップ企業の時価総額2位になるまで。気になる経緯は?

世界最大手の民泊仲介サイトAirbnbを運営する非公開会社Airbnb, Inc.の時価総額が310億ドルにのぼりつめたといわれています。アメリカのスタートアップ企業のなかでは首位のUberに次ぐ金額であり、日本円にして約3兆4910億円にもなるとのことです。ここまでの歩みはどのようなものだったのでしょうか。

民泊ニュース

ホームアウェイ、発売20周年「ハリー・ポッター」の世界を体験できる家を特集

世界最大級の民泊サイトを運営するHomeAway(ホームアウェイ)は10月16日、今年20周年を迎えた世界的に有名なファンタジー小説「ハリー・ポッター」の世界を体験できる物件を紹介するブログ「ホームアウェイ ハリー・ポッター特集ページ」を公開した。

Airbnb Kitchens of Asia民泊ニュース

Airbnb Kitchens of Asia開始。プロの有名シェフのローカルフード簡単レシピをシェア

Airbnbは9月25日、世界のトップシェフとのパートナーシップによる「Airbnb Kitchens of Asia」を開始したことを公表した。パートナーシップを結んだシェフは、マニッシュ・メイロトラ(インド)、トニー・ユ(韓国)、イアン・キティチャイ(タイ)、コウ・ケンテツ(日本)というアジアの有名シェフ4名だ。

airbnb民泊ニュース

Airbnbが「リビングウェイジ宣言」を導入。清掃スタッフに適正な賃金支払いを奨励

民泊サイト世界最大手Airbnbは9月7日、同社のプラットフォーム上に物件を掲載している米国内のホストを対象に、清掃スタッフに対して最低限の生活に必要な賃金(リビングウェイジ:生活賃金)を支払っていることを宣言し、ゲストにアピールできる「リビングウェイジ宣言」の機能を開始すると発表した。