イールドマネジメント、民泊向け清掃業務拠点を新規開設。「自社ゴミ回収サービス」と「かけつけサポート」も追加

清掃拠点

民泊運営代行サービスを展開する株式会社イールドマネジメント(以下:イールドマネジメント)は9月1日、民泊向けの清掃業務に特化した拠点施設を新規開設し、あわせて「かけつけサポート」や民泊業界初となる「自社ゴミ回収サービス」を開始することを公表した。

イールドマネジメントは、民泊の物件探しから運営、清掃までをワンストップで提供する民泊運営代行サービスだ。現在、民泊で使用するリネンの保管倉庫などの清掃拠点は東京の品川、大阪、京都で稼働しているが、さらに新宿、浅草エリアに新拠点をオープンする。福岡、札幌での展開も予定しており、サービス提供エリアが全国規模へと拡大する。

「清掃サービス」は、リネン類のクリーニング費用が清掃料金内に含まれる料金設定と、自社清掃チーム20名が行う高品質なサービスが特徴だ。低価格化はホテルのファブリック製品のクリーニングを扱うリネンサプライ専門業者と提携することで実現している。

拠点拡大に伴い、新たに加わる新サービス「自社ゴミ回収サービス」では、車両でゴミを回収し民泊の課題であるゴミにまつわるトラブルを回避する。回収されたゴミは産業廃棄物事業者にて適正に処理される。

さらに「かけつけサポート」サービスでは、民泊物件で起きるさまざまなトラブルにも自社清掃チームが対面にて対応する。急な水漏れなどの室内トラブルから近隣トラブルまで包括的なサポートを行う。年内にも24時間体制でのサービス提供を目指す。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)