旅館業・簡易宿泊所の許可取得済み物件に特化した賃貸サイト「YADORY」(ヤドリー)事前登録開始

沖縄を中心に宿泊施設プロデュース事業と運営事業を展開するスターリゾート株式会社は5月16日、ホテル物件に特化した賃貸物件情報サイト「YADORY」(以下、ヤドリー)のリリースに先立ち、サービスの事前登録を開始したことを公表した。

ヤドリーはホテルや簡易宿泊所物件のみを掲載し、賃貸物件を借りるように「貸したい人」と「借りたい人」をマッチングするサイトだ。基本的なサービスは無料で利用でき、公式サイトより事前登録をすると、リリース情報や非公開物件をメールで受け取ることができる。

現在、日本はインバウンド旅行客4,000万人の観光立国をめざしている一方で、6月15日に施行される住宅宿泊事業法の条件が厳しく、数万室の宿泊施設が一時的になくなるといわれている。ヤドリーはそうした現状を受け、住宅宿泊事業法だけに頼らず365日営業可能な旅館業・簡易宿泊所の許可を得ている既存ホテルや古民家、オフィスビルなどの物件の流通を活性化させることで、宿泊施設不足を改善することを目的としている。

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行に向け、新しいサービスが続々と登場するなか、民泊新法に、各自治体の条例による規制も加わることで、営業を大幅に制限される事業者は少なくない。ホテルや簡易宿泊所の運営を促すことにより、民泊をはじめとする宿泊事業にどのような影響をもたらすか、注目だ。

【公式サイト】YADORY

(MINPAKU.Bizニュース編集部)