韓国のWaHome、日本の民泊清掃サービスHouseCareを買収

韓国でホームクリーニングをO2Oで展開するスタートアップWaHomeが12月13日、日本の民泊オーナー向け清掃サービスのHouseCareを買収したことを、THE BRIDGEが12月16日付けで報じた

WaHomeはクリーニングを1時間9,900ウォン(約1,000円)でWEBやアプリから予約できるサービスを行うスタートアップだ。韓国ソウルに拠点を置き、予約が入ると専属のクリーニングスタッフが駆け付ける。同社は昨年、シードラウンドにより100万ドルを調達している。

一方のHouseCareはAirbnb物件を視野に入れたハウスクリーニングサービスを手がけており、料金は1時間2,500円で直前予約も受け付けている。ゲストからの苦情があった場合、利用額の30%を返金するという仕組みでサービスを行っている。

今回の買収により、HouseCareがWaHomeの日本支社として運営される形となる。HouseCare代表のジャスティン・クルーン氏は日本支社長という肩書きとなるほか、HouseCareの従業員はそのまま継続雇用され、今後も家事代行・民泊清掃のサービスを提供する。

買収は100%現金によるもので、金額は非公開である。韓国のスタートアップとしてサービスを韓国国外に広げたWaHomeの今後の展開が注目される。

【参照リリース】韓国のホームクリーニングスタートアップWaHome、日本の民泊オーナー向け運用支援サービスを提供するHouseCareを買収
【サービスページ】WaHome

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai