中国民泊最大手「途家」、Ctrip and Qunarを買収。Airbnbに対抗。

meeting_5

中国版Airbnbとも呼ばれる途家(Tujia)は10月20日、旅行予約と旅行代金比較サイトを運営するCtrip and Qunarを買収したと、Forbesが10月26日付けで報じた

Tujiaは中国の329都市で41万室の物件を提供している民泊仲介サイトである。一方、買収されたCtrip and Qunarは中国最大の旅行予約サイトCtripが、昨年10月に旅行検索サイトQunarを買収して生まれた企業である。Tujiaは今年6月にも競合のMayi.comを買収している。

Airbnbは海外に旅行する中国旅行者の獲得を狙っているが、同買収により、Tujiaは中国における民泊市場での立場を強めAirbnbに対抗する形となる。

中国でAirbnbが利用されない要因は中国人のニーズとうまく噛み合わなかったことにあるという。中国でも空き家問題が深刻化しており、そのほとんどが投資目的に購入した物件だという。しかし、中国人は知らない人、特に同国の他人の家に宿泊することに抵抗があるようだ。途家の特徴は、ホストから宿泊施設を借り、すべての管理を請け負うところにある。サービスの質を確保し、信頼度を高めることで、中国で民泊を普及させた。

中国でバケーションレンタルサービスを展開するサービスには、民泊最大手のAirbnb、自在客、住百家などがあるが、Tujiaは現在、日本や韓国、シンガポール、台湾など中国本土以外でも事業を行っており、今後は海外進出を活性化させる見通しだ。

【参照ページ】中国の民泊最大手「途家」 旅行サイト買収でエアビーに対抗
【関連ページ】途家(Tujia)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai